2017年2月6日、本日オープンの新店「神保町しょうがらーめん 美空」へ。
DSCF5130

閉店した麺処美空@神保町が、池上で復活オープン!生姜好きとしては居ても立ってもいられず駆けつけw

店の場所は、池上駅徒歩約2分。鶏そば小鳥の跡地。 
DSCF5138 

RDBによると、鶏そば小鳥のオーナーが美空の味に惚れ込み、閉店後の美空店主に懇願してオープンに至ったとか。小鳥のリニューアルの様なそうでない様な^^; 
DSCF5142 

迷いながらも店に向かうと、やはり店に向かう尾瀬くんと遭遇。図らずもシェア可能にw 
DSCF5146 

店頭には開店祝い花。カネジン食品からの花がありました。 
DSCF5134 

入店するとまず券売機で食券購入です。 
DSCF5164

主なメニューは、しょうがらーめん750円、しじみ・甘エビ塩らーめん850円、しょうが豚ごはん250円、しょうが増し10円、他。 
DSCF5148 

移転前は、らーめん・生姜らーめん、つけ麺・生姜つけ麺の構成でしたが、新店では醤油味のしょうがらーめんと塩味のしじみ・甘エビ塩らーめんの2枚看板。 
DSCF5157 

当然ツートップの2品をシェアw 食券を渡すと大盛り無料を告げられますが、バランス重視で普通盛りを選択。 
DSCF5160 

券売機横には「Today’s Beer」のボード。 
DSCF5155 

そのさらに横には、「No Ginger No Life」のボードw 
DSCF5162 

店内は、奥に長い真っ直ぐなカウンター10席、4人卓x1。19:50頃到着で先客7、後客無し。厨房は男性スタッフ3名。麺上げ担当が美空の店内さんでしたっけ!? 
DSCF5178 

公式FBによると、新店では味の他に椅子とユニフォームにこだわって新調したそうで、真新しい座り心地の良さそうな椅子は、「HAY hutte」製。 
DSCF5170 

卓上には、オススメ食べ方のフライヤー。 
DSCF5173

BGMはJ-POP、「デイ・ドリーム・ビリーバー」とか「恋」とかw 箸は割り箸。卓上調味料は、胡椒、一味唐辛子、生姜酢。 
DSCF5181 

そして待つことしばし、「しじみ・甘エビ塩らーめん」完成で〜す♪ 
DSCF5198

白いシンプルな桂林丼で着丼。 
DSCF5252 

具は、チャーシュー、メンマ、きざみ生姜、きざみねぎ。 チャーシューは煮込みバラ肉と低温ローストしたもも肉の2種類。
DSCF5219

スープは、少しとろみを感じる白湯塩味。一口目からしじみと甘エビの旨味がバースト!特にしじみは濃厚な旨味に、甘エビは自然な甘みと豊かな風味に寄与。 

後から後から沸き立つ様な、芳醇な旨味溢れた味わいながら、ごちゃごちゃ感がなく見事に調和が保たれています。生姜もいいアクセントになっていて美味しい! 
DSCF5237 

麺は平打ちの中太縮れタイプ。移転前同様カネジン食品製。手揉み風の細かいウェーブが付いて、食感と啜り心地がとてもいい感じです。 
DSCF5227 

尾瀬くんの「しょうがらーめん」。こちらがディフォです。 
DSCF5204

具と麺は、「塩」と一緒。 
DSCF5211

スープは やはりわずかにとろみを感じる白湯醤油味。動物性メインで微かに魚介の穏やかなスープですが、移転前よりもやや濃厚になった感じ。タレが立ち気味なのは変わらず。 
DSCF5239 

スープが濃くなったためか、以前よりも生姜インパクトは薄れた印象。生姜が主役から名脇役に代わった感覚ですが、もちろん名脇役には違いありません。生姜のディープインパクトを求めるなら、生姜増し10円を強くオススメ! 
DSCF5245 

尾瀬くんの「しょうが豚ごはん」。写真のみ。 
DSCF5246

おいしく完食!次回はしょうが増し増しにチャレンジw ごちそうさま! 

神保町しょうがらーめん 美空 (38/’17)