2017年2月4日、本駒込の新店「コンソメスープの中華そば 暴雷油(ヴォライユ)」へ。
DSCF4877

2016年12月5日、「味噌拉麺 千」が味と店名を変えてリニューアルオープン。ロバオさんのレポで知りました。この日は土曜日ですが、仕事で1軒のみという(*_*)

店名の「ヴォライユ」とは、フレンチの 「フォン・ド・ヴォライユ(Fond de volaille)」の意で、チキンスープのこと。公式FBによると、「チキンコンソメを使用した中華そば。透き通った綺麗なスープが特徴」との口上。淡麗繊細なコンソメスープと、「暴雷油」というワイルドなネーミングのギャップがなんともw

DSCF4880 

店の場所は、本駒込駅徒歩約2分。駒本小学校前交差点そば。 
DSCF4923 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF4891 

主なメニューは、醤油780円、塩780円、味噌880円、暴雷油980円、他。オーダーは、店名を冠した「暴雷油」に。 
DSCF4883 

店内は、奥に長い真っ直ぐなカウンター9席、壁に向かったカウンター3席。14:20頃到着で、先客1後客無し。厨房には店主さんと女性スタッフの2名体制。 
DSCF4886 

BGMはラジオ。箸は割り箸。卓上調味料は胡椒。 
DSCF4892 

そして待つことしばし、「暴雷油そば」完成で〜す♪ 
DSCF4897


白いシンプルな鳴門丼で着丼。 
DSCF4910 

具は、チャーシュー、メンマ、きざみねぎ。 
DSCF4904

スープは、さらさらの清湯塩味。うっとりするなんとも言えない香ばしい風味は、白トリュフの香り。フレンチのコース料理に登場しそうなチキンコンソメの洋風な味わいに、白トリュフの芳香が絶妙にマッチ。

「暴雷油」というよりは、「菩禮湯」と呼びたいか洋風・上品な淡麗スープで、とても美味しい! 
DSCF4918 

麺は中細ほぼストレートタイプ。柔らかいゆで加減が、繊細なスープに良く合ってます。 
DSCF4911


具では、チャーシューが吊るし焼きということですが、焼き豚感という感じはあまりしませんで。自家製極太メンマ、国産白葱も普通かなぁ〜。 

おいしく完食!元々味噌専門店だったので、味噌が気になります!ごちそうさま! 

コンソメスープの中華そば 暴雷油 (35/’17)