2017年1月28日、相模原の新店「担担麺専門店 ドラゴンキング」へ。
DSCF4470

2016年12月17日オープン。名古屋で創業55年の人気担々麺専門店の味を継承したお店で、関東初出店だそうです。何処だろう!?^^;  関東進出ラーメン好き(?)としては、年越で気になってましたw 八王子 響の後、こちらへ。

こちらの運営会社は、自動販売機飲料販売のナショナルトータルビバレッジ。店の場所は、相模原駅南口約1.5km。「麺工房楓」の裏手。1F・2Fが食堂・定食「つわの」だったテナントで、「つわの」が2Fだけとなり、空いた1Fに出店。 
DSCF4476 

相模原市役所からは徒歩約5分ですが、駅からはやや距離あり。先ほど八王子駅↔響の1.5kmを往復したばかりですが、今度は相模原駅と往復w 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席(6席・2席)、2人卓x4、4人卓x4。12:30頃到着で、先客10、後客3。スタッフは、調理担当・先客担当の男性2名。 
DSCF4411 

券売機は無くメニューを見て注文、伝票方式、食後レジにて会計制。 
DSCF4354  

麺メニューは、汁有り担担麺800円、汁無し担担麺900円、担担麺ハーフ&ハーフ1200円、 
DSCF4359

特製醤油ラーメン700円、鶏そば880円。トッピングの玉子はブランド卵さがみっ子。 
DSCF4367 

他に、四川料理、点心、 
DSCF4375 

一品料理等ラインナップ。 
DSCF4381 

オーダーは、ハーフと迷って「汁有り担担麺」に。ハーフ&ハーフでも1.5玉位ありそうな気がして、撃沈しそうな予感で弱気に回避(^^ゞ 
DSCF4383  

担担麺は辛さが選べて、辛さ無し、かなり控えめ、控えめ、少し控えめ、普通の辛さの5段階まで無料。辛さアップは卓上のラー油を利用。足りない場合は、辛増し100円、激辛200円、大盛りの激辛300円まで可能。 
DSCF4388 

「普通の辛さ」を指定すると、「実はかなり辛いですよ」と制止されるという(^_^;) 大丈夫ですと、そのままオーダ。注文が済むと、紙エプロンは使いますか?と、麺類注文でライス無料を告げられます。 
DSCF4397  

サービスライスは、店内奥のコーナーからセルフで。巨大な炊飯ジャー2機分一杯にご飯の用意が有りました。 
DSCF4408 

BGMはJ-Pop。着席すると、陶製のグラスでお冷とおしぼりが渡されます。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、特製五香ラー油、黒香酢。 
DSCF4401 

そして待つことしばし、「汁有り担担麺(5辛)」完成で~す♪ 
DSCF4414

あえて大きめの丼を採用して、ワイングラスの様に香りが立つことを目指したという多用丼で着丼。 
DSCF4437 

具は、チンゲン菜、肉味噌。 
DSCF4435

スープはさらさらの清湯で、あっさりとした鶏ベースと推定。シャバ目軽めのスープですが、芝麻醤と五香ラー油、肉味噌が実にいい働きをしてすごくいい味を醸し出しています。濃厚ドロ系担々麺だと途中で重く感じたり飽きたりとかありますが、重すぎないのがいいですね~!

担々麺にたまにある甘さがないのもいい感じ。名古屋の名店のアジトのことですが、確かにそれだけのことはあるかと。美味しい! 
DSCF4453 

麺は軽くウェーブのついた細麺。汁無しの方はモチモチ太麺。細麺はやや多々よりなさ気な麺で、しかもデフォでやや柔ゆで。スープによっては物足りない麺かもですが、香り高い担担スープをたっぷりとコーティングしてズズズーといくと、これがまたウマイんです! 
DSCF4443 

スープが良よかったんで、サービスライスで連食では禁じ手のライス投入を敢行w そりゃもう盤石の旨さ! 
DSCF4459 

おいしく完食!機会があれば「汁無し」も食べてみたいです。ごちそうさま! 

担担麺専門店 ドラゴンキング (30/’17)