2017年1月21日大安、本日プレオープンの新店「らぁめん 山と樹」へ。
DSCF3498

店主さんは、楓@八王子出身。本日の食べ歩きはこちらからw

直近の営業日程、プレオープン 1/21(土)11:00~限定100食、1/22(日)11:00~限定100食。1/24(火)通常営業(グランドオープン)スタート。 
DSCF3489 

店の場所は、高円寺駅南口徒歩約7分。環七通り沿いで「ラーメン大公」の2軒隣。「麺屋まる正」の跡地。後で気づいたのですが、屋上に「美酒爛漫」の看板が立っているビルの1階。 
DSCF3410  

定刻1分前に到着、シャッター待ち6名に接続。券売機がやや不調だったらしく、2分遅れで暖簾が出てオープン! 
DSCF3409 

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、らぁめん730円、塩らぁめん730円、バラチャーシュー丼320円、他。オーダーは、スタンダードな「らぁめん」で。たまたま案内された席の目の前で「バラチャーシュー丼」の調理が行われましたが、コロとほぐしチャーがゲキ山盛りでしたw 
DSCF3413

店内は、厨房を囲む真っ直ぐなカウンター6席、間があって4席。後客続々、あっという間に長い外待ち行列発生。 
DSCF3429 

カウンターを隔てて厨房の窓側(舗道側)に製麺機。小麦粉は多田製粉製。厨房には調理担当の店主さん・厨房兼ホール担当の男性の2名体制。 
DSCF3415  

店主さんは、雰囲気がどことなくホトの山本さんに似てますw 注文品を待ってる間に、次回使えるトッピングサービスチケットを貰いました。 
DSCF3437 

お冷カウンター後ろのウォーターサーバーからセルフで。 
DSCF3424 

割り箸・紙エプロン・ウェットティッシュ・ショップカードも専用コーナーからセルフで。 
DSCF3426  

BGMはFM J-WAVE。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は一味唐辛子。 
DSCF3421 

そして待つことしばし、「らぁめん」完成で~す♪ 
DSCF3441

白いシンプルな反高台丼で着丼。 
DSCF3461 

具は、チャーシュー、メンマ、海苔、きざみネギ。 
DSCF3455  

スープはさらさらの清湯醤油味。店頭掲示のインフォメーションによると、「シンプルながらもどこか懐かしい味わいの一杯 【スープ】数種類の個々さん鶏ガラと豚肉をじっくり煮込んだあっさりスープ 【タレについて】埼玉の弓削田醤油を使用した深みのある醤油ダレ」とか。火のついた寸胴から小鍋に取り分けてより熱く加熱する手法。 

最初は香味油がちょっとオイリーに感じますが、すぐに慣れます。次にカエシのキレと風味の心地よさに陶然。そして、無化調スープの旨味とコク、沁みる味わいに舌鼓。方向性は「ネオクラシカル」かもですが、すごくスッキリでも味わい深いという。いきなりレベル高いっす!美味しい! 
DSCF3477 

自家製の麺は、平打で強いウェーブのついた太麺。ゆでる前に丹念な手揉みで力強い縮れを付けています。出汁もタレも香味油もそれぞれ強めですが、存在感のある麺がガッシリと受け止めて、高い次元でバランシング。太麺ですが、ゆでもしっかりとされていて、麺本来の美味しさが味わえます。 
DSCF3467 

具では、チャーシューがかすかに豚臭がありましたが好みの範疇かと。メンマはコリッコリで食感のアクセントにも寄与。 

おいしく完食!「塩」も激しく気になります!ごちそうさま! 

らぁめん 山と樹 (21/’17)