2016年11月3日、井荻の新店「らーめん どんどんどん」へ。 
DSCF4825
2016年10月17日オープン。ユーモラスな屋号ながら、評判のとても良いお店。㐂九八〜garage〜@航空公園の後、西武新宿線を駆ってこちらへw

店の場所は、井荻駅南口徒歩約1分。ビルの中のちょっと分かりづらい場所。駅に近い方の入口はこんな感じ。 
DSCF4828 

ビルの入口の目印のA型立看板。 
DSCF4733  

看板駅側の写真は背脂ラーメンで、裏は喜多方ラーメン。 
DSCF4740 

反対側のビル入口は、こんな感じ。 
DSCF4723 

裏から入ると、奥に進んで右に曲がった2軒目。 
DSCF4727 

入口脇には、なぜか答えが書いてるクイズが貼ってありました。なにこれ!?(^O^;) 
DSCF4822 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF4812
主なメニューは、喜多方ラーメン750円、背脂ラーメン750円、混ぜご飯150円、他。 

「背脂ラーメン」は、「喜多方ラーメン」に背脂を浮かべたいわゆる「じとじと」仕様かと思いきや(実際そうかもしれませんが)、「喜多方ラーメン」とは感じのまったく異なるニンニクガッツリのワイルド系とか。今回は、「喜多方ラーメン」で。 
DSCF4803 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席(6x1)。失礼ながら、新店らしさ皆無の裏ぶれた感じですが、聞いたところスナックの居抜きだそうです。券売機横には、冷蔵ケースと三河屋製麺の麺箱。  
DSCF4805 

13:20頃到着で、先客6の1席空きに滑り込み。先客3名の注文は「背脂」でそちらが人気の様子。後客1。厨房には店主さん、ワンオペ体制。セルフのお茶は麦茶。 
DSCF4747 

BGMは、FM NACK5。箸は割り箸。卓上調味料は、GABANブラックペッパー・ホワイトペッパー。 
DSCF4742 

そして待つことしばし、「喜多方ラーメン」完成で~す♪ 
DSCF4767  

シンプルな高台丼で着丼。 
DSCF4778 

一見一般的な丼に見えますが、スープが少し減ると丼の内側上寄りに「どんどん」と店名?が出現します。 
DSCF4800 

具は、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。 
DSCF4773
スープはさらさらの清湯醤油味。一口目から口中いっぱいに旨味が広がる感じで、だいぶ旨味が強め。ですが、化学的な感じではなく、一般的には気にならないレベル。動物魚介で動物性も煮干もメリハリよく強めに聞いてますが、相対的に動物性が優勢で、煮干は香る程度。シンプルなルックスに反してパワフルな味わいで、本場の喜多方ラーメンとはちょっと気もしますが、後引く感じで美味しい! 
DSCF4792 

麺は、三河屋製麺の平打ちストレート中太タイプ。ゆでる前にかなりしっかりと手揉みを施して、結果強めの縮れが付いています。圧力のかかった部分はワンタンの皮のようにピロピロ食感、そうでないパートはしっかりとしたコシが残り、数種の麺の合盛りの様な食感の違いが楽しめます。 
DSCF4787 

具では分厚いチャーシューがコスパの良さと旨さを加速。おいしく完食!人気の「背脂ラーメン」が気になります。ごちそうさま! 

らーめん どんどんどん (375/’16)