2016年12月13日、新小岩の新店「自家製麺 啜乱会」へ。
DSCF9497

2016年12月15日オープン。、啜磨専科ロ麺ズG麺7-01を手がけるG麺7後藤店主のプロデュース店。試食会のご案内をいただき、参加させていただきました♪

店の場所は、新小岩駅南口徒歩約4分。パスタで有名な「フォークダンス」の2軒右隣。「焼肉専科 巌流」の跡地。 
DSCF9511 

後藤店主がプロデュースをかって出たのは、こちらの店主さんと20年来の付き合いからだそうです。ロ麺ズ@弘明寺・G麺01@平塚の立ち上げにお手伝いいただいた方で、その恩返しも兼ねてとか。 

twitterプロフによると店名の由来は、「自家製麺と鶏ガラスープの自慢のラーメンを、啜り乱れながら食べる会(店)を目指します」とか。もちろん、「啜らんかい!」という意味もあると思われw 
DSCF9504 

入店すると、まず券売機で食券購入です(諸食会ではノーチャージ)。主なメニューは、らーめん醤油 清(きよい)850円、らーめん醤油 濁(にごり)850円、らーめん塩 碧(あおい)850円、生姜だれ味玉焼豚丼420円、他。DSCF9513

今回は3人で3杯をシェア。「辛痺」麺と「牛そぼろチーズ丼」は、試食会開始から注文が殺到したそうで訪問時既に売切れと残念! 

店内は、厨房を囲むL字型カウンターで、短い辺が3席、長い辺が1席・通路・4席。テーブル席が、4人卓x3、2人卓x1。 
DSCF9519 

スタッフは、男女合わせて6名。調理をメインで担当するのは上大岡の達人後藤プロデューサー!お冷はセルフの烏龍茶、ジャスミン茶、冷水。 
DSCF9526 

お冷のグラスは、保冷性能の高い耐熱タンブラー。 
DSCF9529 

BGMはR&B。箸は洗い箸と割り箸のW装備。 
DSCF9524 

卓上調味料は、ミックスペッパー、胡麻、昆布&ニンニク酢。 
DSCF9531 

そして待つことしばし、「らーめん醤油 清(きよい)」完成で~す♪ 
DSCF9606

具は、チャーシュー、砂肝、メンマ、白菜、キクラゲ、ピンクペッパー。トッピングのセレクションがなんともチャレンジングw 
DSCF9610

スープはさらさらの清湯醤油味。鶏魚介で鰹メインの魚介優勢和風寄りなチューニング。幅広い年齢層に受け入れられそうな分かり易い旨さが身上。看板メニューにふさわしい王道の醤油ラーメンで、とっても美味しい! 
DSCF9625 

自家製の麺はストレート細麺。しなやかで啜り心地抜群!まさに自然と「啜り乱れながら食べる」になってる自分w 麺も美味しい! 
DSCF9616 

「らーめん塩 碧(あおい)」 
DSCF9540

丼は、醤油・塩・背脂と共通の多用高台丼。 
DSCF9595 

具も共通。 
DSCF9547

スープはかすかにとろみを感じる白濁塩味。ごくあっさりな醤油に比べて、塩の方が骨太で濃厚な味わいに。醤油とバランスを変えて魚介を強めに効かせたシフト。こちらも旨い! 
DSCF9577 

麺はストレート中太タイプ。醤油は細麺でしたが、塩の方に中太麺という、麺も型破りな組み合わせを断行。もちろんそれがピタリとハマって文句なしの旨さ! 
DSCF9586 

「らーめん醤油 濁(にごり)」。 
DSCF9555

三品では一番こってり仕立て。 
DSCF9558

スープは、表面に背脂がたっぷり浮いた動物性の醤油味。濃厚な鶏・豚白湯に背脂でコテコテのインパクトのある味わいを演出。腹ペコの3人には今回このパワフルさが好評でしたw 
DSCF9571 

麺は塩と共通のストレート中太タイプ。背脂をまとって旨さもひとしおw 
DSCF9562 

「生姜だれ味玉焼豚丼」。G麺7でお馴染みのサイドメニュー。 
DSCF9637

具は、チャーシュー、紫蘇、きざみ生姜、味玉。チャーシューの下に生姜だれ。 
DSCF9643

味玉はとろっとろの仕上がり。生姜好きには堪らないジンジャーマックスな味わい!グチャグチャにして食べると最高!w 
DSCF9650 

おいしく完食!今回売れ切れだった痺辛の麺と「牛そぼろチーズ丼」も食べに来なくては!ごちそうさま! 

自家製麺 啜乱会 (419/'16)