2016年12月10日、学芸大学の新店「麺LABO ひろ」へ。
DSCF9225

2016年12月5日オープン。店主さんは、ミシェラン ビブグルマン3年連続掲載の名店やき鳥 まさ吉@武蔵小山出身。初日夜に向かうも、早仕舞いでフラれて今回リベンジ。みつヰ@浅草の後こちらへw

店の場所は、学芸大学と祐天寺の間でちょい学芸大学寄り。 
DSCF9155 

学芸大学駅徒歩約7分。祐天寺駅徒歩約9分。 
DSCF9152 

ゆかりの跡地。 
DSCF9161 

入店すると、まず券売機で食券購入です。DSCF9147

主なメニューは、鶏そば(醤油)900円、鶏そば(塩)900円、他。 
DSCF9167 

味は日替りで、月水金は塩、火木土が醤油だそうです。オーダーは、券売機先頭左端の「鶏そば(醤油)」で。 
DSCF9144 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター10席(9・1)、4人卓x3。訪問時カウンターのみの営業で、テーブル席はウェイティングスペースとして運用。12:40頃到着で、カウンター満席、中待ち7名。私が待ち席に居る間の後客8。あっという間に行列店へ^^; 
DSCF9146 

2階へ上がる階段の前には、まさ吉からの開店祝花。厨房の出入口には麺屋棣鄂のダンボール。 
DSCF9162 

BGMはジャズ。箸は吉野杉の割り箸。 
DSCF9170 

卓上調味料は無し。 
DSCF9174 

そして待つことしばし、「鶏そば(醤油)」完成で~す♪ 
DSCF9180

受皿付きの白いシンプルな六兵衛丼で着丼。 
DSCF9198 

具は、低温調理豚チャーシューon the鶏チャーシューの上に山椒の実、三つ葉、ゆず皮、細切りねぎ。 
DSCF9184

スープはさらさらの清湯醤油味。鶏の旨味と魚介のハーモニー、バランスが素晴らしく突き抜ける&ほとばしる旨さ。行列も納得の予想の斜め上を行くスーパクオリティで、凄く美味しい! 
DSCF9211 

麺は京都棣鄂のストレート細麺。棣鄂の麺は一様に魔法のように旨いですが、こちらのも期待以上の完成度。しなやかなのにハリとコシがあって、ちょっと感動的な味わい。 
DSCF9201 

具では豚&鶏チャーシューがめっぽう旨くて、驚きの極み!低温調理でこれ程しっかりと味が沁みてるのはすごいの一言! 

おいしく完食!既に大繁盛店で、早仕舞いも避けられない状況の様ですが、なんとか「塩」も試してみたいです。ごちそうさま! 

麺LABO ひろ (417/’16)