2016年11月11日、本日オープンの新店「魚介系まぜそば専門店 魚がしそば 新橋本店」へ。DSCF5760

「魚介系まぜそば」という斬新なコンセプトのお店。なんと、新橋本店と神田店同時オープン!明らかに資本系ですが、どんなんか興味があって本店へ。

店の場所は、新橋駅南口徒歩約30秒。「油そば専門店 油や」の跡地。 
DSCF5742 

ちょっと調べたところ運営母体が判明。立ち食い寿司チェーンの「魚がし日本一」を手がける株式会社にっぱんの新業態店で、「油や」のリニューアルでした。なるほど、油そばの進化系な訳っすね! 
DSCF5752 

店頭には開店祝い花。三河屋製麺からの花がありました。 
DSCF5762 

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、魚がしそば780円、山葵そば780円、しらすそば880円、サラダそば880円、ねぎとろそば880円、海老そば880円、明太子そば980円、穴子そば1500円、他。 
DSCF5651

ベースのタレが4種類あって、熟成魚醤(魚醤牡蠣醤油+鰹オイル)が魚がし・サラダ・明太子そば、山葵醤油(山葵醤油タレ+しじみ出汁)が山葵・ねぎとろ・穴子そば、潮だし(潮生姜タレ+しじみ出汁)がしらすそば、海老味噌(濃厚辛海老味噌+鰹オイル)が、海老そば。 
DSCF5647

オーダーは、券売機先頭左端の「魚がしそば」で。 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター12席。20時頃到着で、先客6、後客4。スタッフは、厨房に男女合わせて3名、ホール担当1名。 
DSCF5750 

外にチラシを配ってる人が居て、入店時気づかず。退店時にチラシを貰いましたが、トッピング無料券は本日から使えたそうで、失敗ぅ(・ω・) 
DSCF5766 

卓上には、『店主おすすめ「魚がしそば」の食べ方』 
DSCF5653

裏は、『こだわりの「出汁」と「たれ」』 
DSCF5659

BGMはモダンジャズ。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、特製魚粉、激辛ハバネロ、昆布酢、寿司屋のがり。 
DSCF5661 

そして待つことしばし、「魚がしそば」完成で〜す♪ 
DSCF5684

口径が広く適度な深さのある、混ぜやすい平皿の様な器で着丼。提供時「良く混ぜてお召し上がりください」とアナウンスがあります。 
DSCF5701 

具は、たっぷりのあさり、わかめ、きざみ海苔、きざみ白・青ねぎ。 
DSCF5691

丼の底に沈んだタレは、牡蠣醤油の魚醤と鰹油。麺は平打ちの中太縮れタイプ。よ〜く混ぜていただくと、おっ!新しいw 
DSCF5718 

ぶっかけうどんの中華麺バージョン的な味で、牡蠣醤油が立った味わい。 
DSCF5706 

ですが、山のように入ったあさりがいい味を出していて、まさに海鮮油そばといったテクスチャー。かなり和風寄りですが、これは美味しい! 
DSCF5719 

味変アイテムも個性的で面白く、魚粉は魚介風味をアップ、昆布酢はさっぱりと、ガリは箸休め、ハバネロは辛口へと、それぞれ効果的です。 

終盤、具を残して「おっかけ」コール。 
DSCF5666 

「おっかけ」とは、スープと鯛飯のセット。スープは小さな湯呑みに青葱入り。生姜が効いた生姜湯のような味わい。アツアツで、これはこれでほっこりと美味しい!
DSCF5723

鯛飯は刺身醤油のさらにちょっぴり。鯛の味なし。鯛の風味もありません。ですが、余ったタレとあさりに混ぜると絶品!うま~!w 
DSCF5740 

おいしく完食!タレだけで4種類もあって、次回選択に悩みそうですw ごちそうさま! 

魚介系まぜそば専門店 魚がしそば 新橋本店 (384/’16)