2016年11月3日、武里の新店「中華そば ぎと家」へ。
DSCF4926

2016年11月1日大安にオープン。ジャンプ@春日部の2号店。昼に㐂九八 ~garage~@航空公園ともう一軒まわった日の夜の部に、こちらへw

店の場所は、武里駅西口徒歩約2分。篤之助の跡地。先日、やはり西口の近くに煮干乱舞が移転したばかりで、突如武里がラーメンのホットスポットに変貌! 

定刻25分前でシャッター待ち5名の後ろに接続。初日は約70名の大行列。2日目は18:30で待ちなしとの事で、落ち着いた模様。ですが、休日は油断大敵と早めに行動。これが功を奏して、開店時20人程の行列発生(^_^;) 

店頭開店祝花は、ハイマウント@小山、さなだ@三郷、一心@東松山 
DSCF4830 

定刻にオープン。入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、中華そば780円、つけそば850円、あぶらそば780円、他。 
DSCF4838

麺量は、中華そば200g、つけそば250g、あぶらそば200g。オーダーは、券売機先頭左端の「中華そば」で。 
DSCF4841 

食券を渡すと、脂の量を聞かれます。脂は、脂増し、大脂、鬼脂から指定可能で、脂増しが基本でお勧め。初訪なので基本の「脂増し」をチョイス。 
DSCF4843 

店内は、テーブル席に向かった真っ直ぐなカウンター6席、6人卓x2。スタッフは、厨房に男性2、ホール担当女性2。今回高山さんはいらっしゃいませんでした。 
DSCF4854 

卓上には先程の「脂足りてますか?」の他にも、インフォメーションが用意されています。テッシュケースにあぶらそばのお勧めの食べ方。 
DSCF4855 

卓上調味料について。 
DSCF4848 

BGMはJ-Pop。箸は割り箸。卓上調味料は、EAST BEEホワイトペッパー・ブラックペッパー、一味唐辛子、タレ、酢、ラー油、おろしにんにく。 
DSCF4861 

そして待つことしばし、「中華そば(脂増し)」完成で~す♪ 
DSCF4871

店名ロゴ入りの反高台丼が、レンゲと共にステンレス製の受皿に載って着丼。 
DSCF4892 

具は、チャーシュー、メンマ、きざみ玉ねぎ。 
DSCF4882

スープは、ややとろみを感じる背脂醤油味。スープのベースは確かにジャンプのラーメンの面影(豚出汁がしっかりと出た豚骨醤油味)を感じます。そこに煮干をガッツリと効かせて、二郎インスパイアベースで燕三条系を作ったらこうなる的な一杯の出来上がり。フルボディの重厚な豚骨醤油&背脂煮干スープで、分厚いコクにビクリ!なんとも美味しい! 
DSCF4907 

麺は極太の平打ち縮れタイプ。本店は自家製麺でしたが、こちらもそうかな?コシが強く食べ応えのある剛麺で、ぎとぎとスープとも拮抗するパワーバランスを形成。麺自体旨くて、食べ応えがあり高い満足感が得られます。 
DSCF4898 

おいしく完食!燕三条系をフューチャーした「あぶらそば」が気になります。ごちそうさま! 

中華そば ぎと家 (376/’16)