2016年9月30日、神田の新店「麺屋 のろし 縁 函館」へ。
DSCF0579

2016年9月26日オープン。函館に本店のある麺屋狼煙の都内進出1号店が、秋葉原・浅草橋間のくろ㐂の並びに2014年3月オープン。こちらはその2号店。浅草橋は味噌メインですが、神田は塩推しだそうです。
店の場所は、神田駅東口徒歩約3分。 
DSCF0574 

「立呑酒場 大阪屋 神田店」の跡地。 
DSCF0569 

入店すると、まず1万円札対応の券売機で食券購入です。ってか、券売機ってまずほとんどの店ではグローリー製ですが、NEC製とは珍しいw 
DSCF0494

主なメニューは、帆立潮らぁめん850円、醤油らぁめん780円、レモン潮らぁめん800円、潮担々麺900円、函館セット潮1180円、函館セット醤油1110円、他。 

「函館セット」は、らぁめん+ミニいくら丼。一軒だけの予定だったので、珍しくサイドメニュー付きの「函館セット潮」にしました。 
DSCF0572 

店内は、壁に向かったカウンター8席、外に4人卓x2。19:40頃到着で、先客4後客1。厨房には男性スタッフ2、ホール担当女子2。 
DSCF0565 

BGMはJ-Pop。箸は割り箸。卓上調味料は、胡椒、醤油、一味唐辛子。 
DSCF0502 

そして待つことしばし、「函館セット 潮(帆立潮らぁめん+ミニいくら丼)」完成で~す♪ 
DSCF0525

らぁめんは白の、ミニ丼は黒の小ぶりなお揃いのデザインの鳴門丼で着丼。 
DSCF0548 

具は、チャーシュー、メンマ、ミニホタテ2個、麩、きざみネギ、糸唐辛子。麩が乗ってる所が、函館ラーメンのアイデンティティw 
DSCF0540

スープはさらさらの清湯塩味。はんなり塩味でほのかなホタテ風味。あっさりとしていて油感も少なく、ストレートに出汁とタレの旨さで食べさせてくれます。間宮堂@春日部あたりと比べるとほたて感は控えめ。ですが、滋味と呼びたくなる優しくもしっかりとした旨味のあるスープで、美味しい! 
DSCF0560 

唯一個人的に惜しいと思うのは、スープがややぬるい点。最近食べたお店はどこも熱々のスープだったため、余計目立っちゃった感はあります。 

麺は浅草開化楼製の中細で軽くウェーブのあるタイプ。ツルシコで啜り心地がいいですね~!旨いっす! 
DSCF0552 

セットの「ミニいくら丼」。イクラの鮮度はさすがで、こりゃたまんっす! 
DSCF0515

魚卵はプリン体たっぷりですが、旨いものは旨い!止められませんw 
DSCF0545

おいしく完食!「潮担々麺」がどんなんかとっても気になりました。ごちそうさま! 

麺屋 のろし 縁 函館 (313/’16)