2016年8月27日、渋谷の新店「牡蠣・拉麺・炭火焼 Tonari」へ。
DSCF6704

2016年7月1日オープン。「オイスター&スパニッシュイタリアンバル スパイラル」が隣の空き店舗で始めたラーメン専門店。評判も上々で気になってました。近くで1軒寄った後、永斗麺の前に訪問w

店の場所は、神泉駅徒歩約2分。渋谷駅からも徒歩10分位。「HUG BURGER」の跡地。 
DSCF6691 

開店5分前到着、一番海苔~w 店頭A型立看板は「お昼の鶏そば」 
DSCF6694

入口横には、「DINNER」の看板。 
DSCF6698 

開いてると思って入ろうとしたら、看板はCLOSEDでした(^_^;) でも、中でお待ち下さいと入れていただき、ありがとうございます!m(__)m 雨がパラパラ降ってきたので助かります! 
DSCF6688 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席。後客1。厨房には店主さん?店長さん?と、親切な男性スタッフさん、2名体制。店主さんは和食の経験は長いそうですが、ラーメン店での修行経験はなし。開店にあたり、有名店を食べ歩いて味を覚え再現してみたり、いろいろ研究されたそうです。 
DSCF6631 

店主さん的にはブロガー・食べ歩きスト大歓迎みたいで、つい先日もぼぶさんしらけんさんがいらっしゃいましたと嬉しそうw 食後ですが、いろいろと教えていただきましたw 

券売機は無く後会計制。主なメニューは、鶏そば800円、醤油煮干し鶏そば800円、塩煮干し鶏そば800円、五目冷やし中華900円、冷やしパクチー和えそば900円、他。DSCF6629

裏メニューも既にリリースしていて、牡蠣ラーメン・担々麺が提供可能。寒くなる季節に向けて、鴨を使ったラーメンを検討中だそうです。オーダーは、メニュー先頭の「鶏そば」で。 

夜は炭火串焼きのダイニングですが、ラーメンの提供もOK。飲みの〆にハーフサイズも注文可能だそうです。 
DSCF6635 

厨房には、三河屋製麺の麺箱。 
DSCF6642 

出口近くのコーナーにはお口直しの飴。 
DSCF6686 

9/14~18開催の渋谷祭り「金王八幡宮例大祭」では、こちらも焼鳥の屋台?として出店するそうです。 
DSCF6690 

着席すると、おしぼりが手渡されます。BGMはポップス。箸は割り箸。卓上調味料はペッパーミル入り胡椒。 
DSCF6644 

そして待つことしばし、「鶏そば」完成で~す♪ 
DSCF6647

アダムスキー型UFOを逆さまにしたような器で着丼。 
DSCF6666 

具は、チャーシュー2枚、メンマ、なると、カイワレ海苔、きざみネギ。 
DSCF6662

スープはさらさらの清湯醤油味。こだわりの無化調とのこと。鶏メインでほのかに魚介が香ります。醤油は、びぎ屋で使用している愛知県碧南市「七福醸造」の白醤油。その醤油で作るタレは、日本蕎麦のカエシの技法を駆使。醤油に様々な食材を足して一週間寝かさた旨味溢れるもの。 

味は最初薄味で、特に連食中はやや物足りない印象。ですが徐々に味が馴染んできて、いつの間にか丼いっぱいに旨味が広がる不思議な感覚。滋味という表現がピタリとハマるじんわりと沁みる味で、最高に美味しい! 
DSCF6680 

麺は、三河屋製麺のストレート極細タイプ。低下水で固めのゆで加減ですが、驚くほどの細麺でするスルッと啜れるストレスフリーさが持ち味。淡麗スープとのハーモニーも心地よくウマイ! 
DSCF6673 

具では、豚ロースのレアチャーシューが噛むほどに旨味が出るタイプ。超極太のメンマは、まるで高野豆腐かと思うほど柔らかくおつゆたっぷりでジューシー! 

おいしく完食!店主さんいわく、「ラーメン作りにハマっていて、ラーメンを作るのが楽しくてしょうがない」そうです!そんなピュアなハートで作ったラーメンなら、そりゃ絶対に旨いに決まってまってますってば!w  煮干シリーズや牡蠣麺・担々麺も超絶気になります!ごちそうさま! 

牡蠣・拉麺・炭火焼 Tonari (278/’16)