2016年7月19日、本日オープンの新店「きたかた食堂 神保町店」へ。
DSCF2331

喜多方の「麺や玄」で修行した店主が手がける稲荷町店・佐倉店・十条店新橋店に続く「麺や 玄」の5号店。ゲリラ豪雨と早仕舞いに怯えながらお店へw

店の場所は、神保町駅A5出口徒歩約1分の靖国通り沿い。油組総本店の店と極やの間で、ゴーゴーカレーの隣。今回は無事開いてましたw 
DSCF2329 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF2234

主なメニューは、上本鮪丼800円、鮪ステーキ丼650円、一枚鮪のトロ重1480円、 
DSCF2318 

蔵出し醤油らーめん650円、蔵出し味噌らーめん700円、 
本鮪トロたくちらしセット+250円、トロたく巻きセット(限定30食)+250円、 
蔵出し醤油らーめん(半)本鮪トロたくちらしレディースセット(宇治抹茶プリン付き)850円、 
蔵出し味噌らーめん(半)本鮪トロたくちらしレディースセット(宇治抹茶プリン付き)900円、 
赤 きたかたんたん麵750円、白 野菜たっぷり上タンメン750円、他。 
DSCF2326 

醤油・味噌は、すっきり・まったりから選択制。

たんたん麺とタンメンは神保町店限定で、8/3(水)から提供開始。以降水曜・土曜は終日たんたん麺とタンメンの日で、醤油・味噌らーめんは無いそうです。 
DSCF2321

十条店でもまぐろ丼はありましたが、本格的にまぐろメインに掲げたのは新橋店から。今回はまぐろ推しがさらに鮮明になって、ごはん物が券売機最上段。ちなみに、新橋店は夏期期間中は暑いためらーめんの販売休止、海鮮丼専門店だそうです! 
DSCF2257

レディースセットは女性専用か勇気を振り絞って聞いたところ、男子でもオーケーだそうです!ならばと、憧れの「蔵出し醤油らーめん(半)本鮪トロたくちらし宇治抹茶プリン付き(レディースセット)」をチョイスw 醤油は、稲荷町と十条でまったりをいただいたので、今回はすっきりで。 
DSCF2262

店内は、厨房を囲むL字型カウンター17席。19:40頃到着で、先客10後客2。空いてても、端から詰めて座らせるのは、オペレーションが楽だからでしょう^^; 
DSCF2247

スタッフは、厨房に男性4名、ホール担当男女各1名、計6名体制。ホールスタッフの方は聞くと丁寧にメニュー説明してくれます。 
DSCF2252

BGMはシャンソン。箸は割り箸。卓上調味料は、醤油、七味、こしょう、酢。 
DSCF2237 

そして待つことしばし、「蔵出し醤油らーめん(半)本鮪トロたくちらしレディースセット」完成で〜す♪ 
DSCF2267

最初に「本鮪トロたくちらし」が提供され、しばらくしてらーめんの着丼です。 
DSCF2284 

「蔵出し醤油らーめん(半)(すっきり)」 
DSCF2271

具は、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。レギュラーサイズの「すっきり」はチャーシュー3枚、「まったり」はチャーシュー2枚とサイコロチャーシューですが、ハーフはチャーシュー1枚。 
DSCF2275

スープは、さらさらの清湯醤油味。「まったり」だと背脂が入った、最近喜多方でも人気の「じとじと」仕様。「すっきり」は伝統的な澄んだあっさり味。動物強めのほんのり魚介で、喜多方ラーメンらしい味わい。ほっとする優しい味で美味しい! 
DSCF2298 

麺は平打の強縮れタイプ。「熟成多加水麺」だそうで、もちもちした食感が特徴。もはやチェーン店の一杯ですが、ちゃんとしていると思います。美味しい! 
DSCF2289 

「本鮪トロたくちらし」。築地市場を介さず清水港から直送された本マグロ・南まぐろのトロだそうです。 
DSCF2282

もちろん味は絶品!メチャウマ!卓上プレートに、マグロ→ラーメンと食べるようにとありますが、マグロがウマ過ぎて一旦箸を付けるとなかなからーめんに戻れませんw 気づくと「トロたくちらし」をごっそり食べちゃってるという(^_^;) 
DSCF2304 

セットのデザート「宇治抹茶プリン」。食べてる終盤のいい頃合いに供されました。 
DSCF2307

抹茶風味のプリンが甘すぎずいい味わい。あんことクリームで2度楽しめるのもGood! 

おいしく完食!8/3から水・土限定の「きたかたんたん麵」・「野菜たっぷり上タンメン」も気になります!ごちそうさま! 

きたかた食堂 神保町店 (230/’16)