2015年10月19日、早稲田の新店「眞久中」へ。
DSCF3673

2015年10月15日オープン。二郎系のガッツリラーメンを提供する店。最近G系はスルーが多いですが、超極太麺ってのが気になって訪麺w

DSCF3667店の場所は、当時まだオープンしていなかった「RAMEN GOSSOU」の並び。 

店頭には有名人からの開店祝い花多数。 

目についた所では、東京都議とか、織田信成、Bro.KORN、武藤敬司、西崎幸広、 

DSCF3616内藤大助、井岡一翔、イチロー、九重親方、等々。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF3623

DSCF3617主なメニューは、小ラー750円、少つけ800円、他。 

DSCF3620「小ラー」・「小つけ」でも麺量350gと爆盛り。 

オーダーは、「少ラー」を麺半分で(^^ゞ

DSCF3624無料トッピングは、ヤサイ・ニンニク・カラメ・アブラから指定可能。 

食券提出時に聞かれます。 

今回はオール普通で。 

DSCF3633店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席。 

18:30頃到着で、先客6、後客2。 

厨房には男性スタッフ2名。 

DSCF3631奥壁際には、オーションの粉袋が山積み。ってことで、麺は自家製麺。 

ツイ垢のプロフによると、「ワシワシ食らう【指】と【顎】が疲れる超極太カタ麺と背アブラたっぷりマイルド豚骨スープが特徴」とか。 

RDBによると、オーション100%、製麺機は新宿吉野麺機、切刃は専用特注切刃、茹で時間10分〜13分とのことで、麺がすごく個性的。 

DSCF3629箸は割り箸。卓上調味料は、カエシ、一味唐辛子、GABANブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「小ラー(麺半分)」完成でーす♪ 
DSCF3638

DSCF3647丼デカッ!洗面器位のサイズがあります。 

巨大丼に対して麺半分のため、こじんまりとした盛りw 

具は、豚とヤサイ(もやし・キャベツ)。豚は肉塊がゴロンと4個程。ヤサイはモヤシ:キャベツが9:1くらい。 
DSCF3641

DSCF3656スープは、少しとろみのある豚骨醤油味。 

スープ自体乳化が進んでいる上に細かい背脂も入っていて、こってりとインパクトがあります。 

麺半分の影響かもですが、カエシきつめでデフォでカラメなスペック。 

たまたまと思いますがだいぶショッパイんで、もしこれが基本系ならヤサイマシが吉かと。 

カエシの量はともかく、豚エキスに溢れたスープは美味しい! 

DSCF3652うわさの麺は、強烈な縮れのついた超極太タイプ。 

相当固めなゆで加減で、確かにアゴと手が疲れますw 

まさにオーション食らってるフィールがファンにはたまらないでしょうね! 

ちょっとやり過ぎな感はありますが、この麺旨いっす! 

DSCF3662開始早々天地返しを敢行w 器がデカイんで、天地返しも容易です。 

麺半分指定ですが、多分ゆで前で200gはありそうな感じ。ギタスープとも相まって食べ終える頃には結構腹パンっす(^O^;) 

おいしく完食!「当店イチオシ」というあつ盛り提供の「特製ラー油つけ麺」という「小つけ麺」も気になります。ごちそうさま! 

眞久中 (377/’15) 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック