2016年6月13日、青砥の新店「麺屋 和香」へ。
DSCF7957

2016年6月6日オープン。店主さんは「らーめん弁慶」出身。ただし、修行先の背脂チャッチャ系とはまったく異なるラーメンを提供。オープン週の6/11まで昼営業のみで機会が無く、翌週にようやく訪問w

店の場所は、青砥駅徒歩約6分。「串焼き 楽虎」の跡地。入口入ってすぐの隅に、やはり弁慶出身のとうかんや@南砂町からの開店祝い花がありました。 
DSCF7911 

店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、2人卓x1。19:50頃到着で、先客2、後客無し。厨房には店主さん、ワンオペ体制。店主さん、ちょっとだけカボちゃん似かもw 

券売機は無く、先会計制。主なメニューは、醤油らーめん650円、梅塩らーめん650円、他。 
DSCF7913

メニュー説明によると、醤油らーめんは「鶏ベースにかつおのパンチを効かせたスープ」、梅塩らーめんは「鶏のみを使用したスープ」で、「さっぱりとしていて食べ易く女性にもお勧め」とか。梅塩のメニュー画像に惹かれましたが、初訪は上からのセオリー通り、上段の「醤油らーめん」で。 

BGMはJ-Pop、コブクロとかw 箸は割り箸。卓上調味料は、S&Bブラックペッパー。 
DSCF7916 

そして待つことしばし、「醤油らーめん」完成で~す♪ 
DSCF7925

ずっしりと安定感のある多様丼で着丼。 
DSCF7939 

具は、チャーシュー、穂先メンマ、笹切りネギ。チャーシューは薄いですが大判のが2枚。提供直前に香りが立つまでバーナーで炙られてます。 
DSCF7935

スープはわずかにとろみのある、見事なチョコレート色の白湯?醤油味。注文毎に小鍋でスープを沸かす丁寧な調理。ってか、小鍋で沸騰させてるので超激熱々(^_^;) 

鶏にカツオを効かせたとのことですが、味的には動物魚介のややライトな「またおま」系w アッチッチのスープにカツオがビッシと効いて、ちょっと「もちもちの木」似な所も。 

ただ、出汁がいいのか配合がの妙か、バランスがとても良く思わずもう一口とスープを啜りたくなる味わい深さがあります。ちょっと癖になる味で美味しい! 
DSCF7948 

麺は、軽くウェーブのある細麺。出口近くにオレンジ色の麺ケースがあって、ちらっと見えたところでは菅野製麺の様でした。一瞬だったので、間違えてたらごめんなさい。ツルシコで啜りやすい麺ですね!旨いっす! 
DSCF7942 

おいしく完食!やはり丸ごとの梅が載った「梅塩らーめん」が気になります。ごちそうさま! 

麺屋 和香 (187/’16)