2016年6月11日、京王堀之内の新店「ラーメン社井田」へ。DSCF7822

2016年5月31日オープン。ラーメンと「宇宙刑事シャイダー」とロックを愛する店主さんが、「宇宙刑事シャイダー」愛が高じて独立開業する店名にしちゃったお店(*´艸`) 味の評判も良く、雅の家@西八王子→弥栄@西八王子の後、この日3軒目に訪問w
店の場所は、京王堀之内駅徒歩約5分。ドン・キホーテ 京王堀之内店の店内(屋内)店舗。 
DSCF7905 

「ゆなみ屋ドン・キホーテ京王堀之内店」の跡地で、店主さんはゆなみ屋で修行後独立。 
DSCF7902 

修行先から店舗ごと引き継ぐ形態は、づゅる麺 豚あじ→おおぜき中華そば店、大島ラーメン→千駄木ラーメンあさくら、葉月→きりきり舞、純連→火武偉、田家ふくふく→鶏口等と同様のパターンで、いわば「店舗譲り受け系」とかw 
DSCF7809 

店頭A型立看板、表は「NOW PRINTING」、「裏は5/31本日OPEN」w メニューを絞ってのスタートとのことですが、現在もメニュー絞り中。 
DSCF7824 

5月下旬オープン予定の手書きポスターもありました。 
DSCF7817 

入店前に、まず店外店頭券売機で食券購入です。主なメニューは、ラーメン(並・中)700円、ラーメン(ハーフ・少なめ)650円、他。 
DSCF7810

券売機上のミニ黒板には、麺量の記載あり。ハーフ100g、少なめ150g、並200g、中300g、大450g、特600g。 
DSCF7828 

ってのは記事書くときに確認したっていう(^^ゞ 3杯目だったんで150g位で良かったけど、習慣的に券売機先頭左端の「並・中」をプッシュ^^; 

開店祝い花は、パパパパパインからの胡蝶蘭がありました。 
DSCF7814 

店内は、厨房前に奥に長い真っ直ぐなカウンター6席。12:40頃到着で先客1後客2。厨房には人の良さそうな気さくな店主さん、ワンオペ体制。食券を渡すと麺量を聞かれます。少ない方の「並」で。 
DSCF7856 

お冷は、奥突き当りの給水器からセルフで。給水器の上には、オバQ他のフィギュアw 
DSCF7853 

家系チックにカスタマイズが可能ですが、特に聞かれず申告制。 
DSCF7848 

カウンターには、「前夜祭」ならぬ「前野菜」の説明と、ニンニクは3種類という掲示。 
DSCF7836 

奥の壁面には、「宇宙刑事シャイダー」に関する新聞の切り抜き記事掲示。 
DSCF7842 

店主さんは、調布FMの「怪獣ラジオ」のファンでもあって、番組のメインパーソナリティもこちらに食べに来たらしいですw 
DSCF7846 

BGMは和製ロック。ってか、正直良くわかりませんが、「宇宙刑事シャイダー」のテーマソングかな?箸は洗い箸でエコ仕様。 
DSCF7829 

卓上調味料は、赤い壺がきざみ生姜、青い壺がきざみニンニク、ミックスペッパー、一味唐辛子、酢。業務用おろしにんにくは廃されたらしく、生の粒ニンニクとニンニククラッシャーも提供可能とのこと。 

まずは、「前野菜」から登場。生のキャベツに醤油だれとごま油をかけた、シンプルな前菜。そのまま食べても、ラーメンのトッピングに加えてもOK。シャキシャキキャベツとタレが絶妙にマッチ! 
DSCF7838 

そして待つことしばし、「ラーメン(並)」完成で~す♪ 
DSCF7858

ズシリと重量感のある玉丼で着丼。 
DSCF7875 

具は、海苔、キャベツ、チャーシュー、メンマ。 
DSCF7880

スープは、とろんととろみのある豚骨醤油味。ポスターによると、『豚・鶏(+貝)スープ&自家製麺の「手作り・こってりラーメン」です』とのこと。貝はほとんど感じられませんが、濃厚な動物性のスープを重過ぎないように調整する感じかと。豚鶏の旨味がギュギュッと詰まったスープですが、後口は案外さっぱり。トッピングのキャベツも箸休めと濃厚さのリフレッシュに効果的。お若い店主さんですが、ラーメンのクオリティは相当ハイレベル!凄く美味しい! 
DSCF7893 

自家製の麺は、ストレート太麺。麺の旨味を活かすようにしっかりとゆで上げられています。動物性濃厚スープ+太麺200gで、もしこれが顎が疲れる系のゴワゴワ麺だと、3杯目なので途中でギブアップコースですが、麺自体も旨くてするするとイケちゃいましたw 
DSCF7887 

具では大判で厚みもあるジャンボサイズのチャーシューが圧巻!ガッツリと肉食べてる感満載で、食べ応えがあります。きしめんみたいな太くて平たいメンマも、柔らかくてウマウマでした。 

おいしく完食!メニューが増えたら、是非また来てみたいです。ごちそうさま! 

ラーメン社井田 (186/’16)