2016年6月9日、桜上水の新店「よつ葉 桜上水店」へ。
DSCF7513

2016年5月24日オープン。千歳船橋の担々麺専門店「よつ葉」の2号店。店主さんは、担々麺専科 Tongking@新宿御苑前出身だそうです。営業情報がどこにも掲載のなかった5/28の昼に訪問するも、18時スタートでアウト(´・ω・`) って事で、今回リベンジw

店の場所は、桜上水駅北口徒歩約2分。新宿三丁目に移転した萬馬軒の跡地。お向かいの「とんかつ山路」がメチャ渋くてそそられますw 
DSCF7508 

営業時間は、18:00~2:00(麺orスープ切れ終了あり)、月曜提供。2号店は夜営業のみで確定なんですね~! 
DSCF7504 

店頭立看板には「よつ葉2nd」とあって、これが店名かな?ググっても「「よつ葉2nd」はヒットしませんが、念のため記事タイトルには記載しました。 
DSCF7506 

店内は、厨房前にカウンター5席、奥に高いカウンター2席、2人卓x2。定刻ちょい過ぎに到着で、一番海苔~w 早い時間のため、退店時まで貸切状態。厨房には店長さん、ワンオペ体制。 
DSCF7531 

券売機は無く、後会計制。 
DSCF7515 

主なメニューは、超級担々麺700円、汁なし担々麺800円、つけ担々麺900円、鶏そば800円、他。麺の大盛が無い代わりに追い飯用小ライス無料。 
DSCF7522

本店オープン時は、超級担々麺と光麺、肉飯だけでしたが、だいぶメニューが増えましたね~!オーダーは、久々の「超級担々麺」にしました。「辛く出来ますか?」と聞いたところ、「では辛味を別皿で出します」とのことで、辛増し対応可能でした! 

お冷は、冷蔵庫からジャスミンティーのボトルとコップが渡されます。この方式も本店と一緒w 
DSCF7526 

BGMはポップス。箸は割り箸でエコ仕様。卓上調味料は無し。 
DSCF7527 

そして待つことしばし、「超級担々麺」完成で~す♪ 
DSCF7541

白いシンプルな反高台丼で着丼。 
DSCF7559 

具は、肉味噌、切り胡麻、きざみ青ネギ。少なめのスープに麺が盛り上がる形に盛りつけられた、汁多めのまぜそば的なビジュアルが印象的! 
DSCF7550

別皿提供の辛味は、左下から時計回りに、中国桂林のチリソース、野山椒、山椒。 
DSCF7534 

スープは、さらりとした担々味胡麻味。メニュー説明によると、「辛いのが苦手な人でも最後まで飲み干せる超級バランス♪」とのこと。辛味痺れはほんの僅かですが、辛痺以外に様々なスパイスが調合されていて、実にエスニックな味わい。一般的な担々麺からするとだいぶ異なるエキゾチックな味わいですが、これがまた実に美味しい! 
DSCF7574 

麺はストレート中太タイプ。大きな釜で麺を泳がすようにゆでられて、平ザルで巧みに麺上げされるのも本店譲り。オープン直後の本店は、スープがライトで麺の方が強い感じでしたが、今回はスープと麺のバランスはバッチリw 旨いっす! 
DSCF7561 

途中で別皿の辛味を投入すると、辛痺レベルが一気に数段階アップします!それも単純な辛さや痺れではなくて、奥行きと旨みあってさらに味わいが増す感じ。旨さも俄然パワーアップ! 

あっという間に麺がなくなって、「追い飯」注文。「追い飯」は、プチライスに胡麻がトッピングされて登場。 
DSCF7578 

残ったスープにライスを投入!これがまたやみつき度マックスのハマる旨さ!担々ライスはやっぱり絶品! 
DSCF7585 

おいしく完食!「本店スタッフ一押し!スパイスを一番感じる麺」という「汁なし担々麺」もかなり気になります。ごちそうさま! 

よつ葉2nd (よつ葉 桜上水店) (182/’16)