2016年6月7日、本日オープンの新店「麺処 善龍」へ。
DSCF7283

店主さんは、「麺処」といえば的な超有名店出身w ですが、麦苗@大森海岸と同様修行先非公開とのことで、ここでは伏せますね(^_^;) 営業時間が不明でしたが、ご近所のしみしのさんに開いてるのを確認してもらって、2人で潜入w

店の場所は、板橋区役所前駅徒歩約5分、大山駅徒歩約6分の遊座大山商店街内。 
DSCF7252 

Morrisの並びで、「麺屋秀虎」の跡地。 
DSCF7288 

店頭A型立看板は、店主さん直筆オープンのご挨拶。もう片側も同じ内容でした。 
DSCF7263 

店頭には開店祝い花。村上朝日製麺所からの花がありました。 
DSCF7255 

修行先の社長からの花もあって、早く片付けないとバレバレw 公式ブログにならって、一応モザイク処理しときました^^; 花のアップだけじゃなく、引きの店舗外観画像も要注意w 
DSCF7292 

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、つけそば780円、鯛白湯780円、イカ煮干しそば730円、他。 
DSCF7275
券売機はところどころ大きくマスキングされていて、未公開の準備中メニューが多そう。なお、訪問時券売機故障で先会計制、夜修理に来るそうです。 

しばらくの間、烏賊煮干しそば・鯛白湯そば・つけそばのみ提供のインフォ掲示。つけ麺は中盛無料、鯛白湯そばは中盛以上不可。ランチタイムライス無料。本日は、味玉サービス。にしても、店主さん、達筆な上にイラストもかわいいw 
DSCF7271 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席。隅々まで磨き上がれていますが、ほぼ居抜きの状態。19:40頃到着で、先客7とちょうど隣り合った2席のみ空きw 後客2。厨房には店主さん、ホール担当は大女将さん(店主さんのお母さん)。ただし、大女将さんはかなりのご高齢で、お茶の配膳程度のタスク。店主さん、ほぼワンオペ状態で大変そう! 
DSCF7301 

とりま、初めましてのおつかれちゃ~ん( ^O^)/C □☆□D \( ^_^ ) 
DSCF7295 

すぐビール頼んだんでお冷はビール飲み終えた頃の提供でしたが、お冷代わりの冷茶はジャスミンティー。 
DSCF7380 

店主さん、キティちゃん好きなのか、公式ブログにたびたび登場。厨房でも、ちゃんと店主さんのそばで応援してましたw 
DSCF7308 

BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、七味唐辛子、烏賊が漬いた酢、GABANブラックペッパー。店主さんによると、烏賊酢はつけ麺用とのことでした。 
DSCF7299 

そして待つことしばし、「烏賊煮干しそば」完成で~す♪ 
DSCF7312

蛸唐草模様の反高台丼で着丼。 
DSCF7324 

具は、糸唐辛子、低温調理の豚チャーシュー、鶏チャーシュー、青菜、きざみネギ、味玉は本日のサービストッピング。 
DSCF7321

スープは、さらさらの清湯醤油味。烏賊煮干しを炊き出したというスープは、思いっきり烏賊ですw 烏賊がパワフルにガツンと来て、烏賊の旨味がほとばしります!後半冷めてくるとややしょっぱくなりますが、許容範囲内。イカしたテイストで美味しいw 
DSCF7371 

村上朝日製麺所製の麺は、中細ストレートタイプ。ハリとコシのある個性的な麺で、パワフルな烏賊テイストに負けない存在感があります。個性的なスープと麺のシナジー効果で、旨さもさらに加速w 
DSCF7375 

シェアした「鯛白湯そば」。 
DSCF7333

器は、「烏賊」と共通。 
DSCF7342 

具も同一。 
DSCF7347

スープは、ややとろみのある鯛アラ汁+濃厚鶏白湯の醤油味。鯛の風味炸裂で、口中で鯛がピチピチと飛び跳ねます!「烏賊」と比べると、「烏賊」は清湯でシャープ&切れがある感じ、こちら「鯛」は重厚で濃厚なまったりとした深みのある味わいです。どちら甲乙つけがたく、凄く美味しい! 
DSCF7364 

麺は、「烏賊」と同じ模様。具では、ピンクレアな豚チャーシューとしっとり柔らかな鶏チャーシューがやはり双璧の旨さ!味玉はブランデーの味はしませんでしたが、ねっとり濃厚な旨味がありました。 
DSCF7350 

おいしく完食!「つけそば」も気になりますし、マスキングされたメニューの全容解明が待たれますw ごちそうさま! 

麺処 善龍 (180/’16)