2016年5月3日大安、本日オープンの新店「木桶仕込味噌らーめん 味噌蔵」へ。
DSCF3656

ど・みそチックな味噌ラーメンの専門店。中村麺三郎商店@淵野辺の後、ちょうど帰路ルートにあるのでもっけの幸いと立ち寄りw

DSCF3572まずはお得情報から。 

オープン日の5/3~5/5まで、LINE登録で「特製木桶仕込みそらーめん」880円を480円で提供! 

DSCF3561店の場所は、東新宿駅徒歩約6分、徒歩約7分の大久保通り沿い。 

13:30頃到着で、店内満席外待ち3に接続。 

DSCF3564店頭開店祝い花は、三河屋製麺から。 

DSCF3569列んでいて、通りがかりのおばちゃんに言われて気づいたのですが、花台の下段には青いバラが! 

自然のバラではありえない色で、人工的な着色でしょうけど、とても綺麗! 

DSCF3581閑話休題w 

こちらでは、流通量1%未満の木桶仕込味噌を使用とのこと。 

順番が来て店内へ。入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF3583

DSCF3579主なメニューは、特製木桶仕込みそらーめん880円、みそオロチョンらーめん900円(辛さ3:普通・激辛・ファイヤー)、みそカレーらーめん900円、特製水餃子400円、他。 

DSCF3575ですが、5/3~5/6は、スペシャルを除く「木桶仕込みそらーめん」ベースのらーめんのみの提供。 

DSCF3586同期間は、LINE登録で「特製木桶仕込みそらーめん」が400円引き。 

LINE割引の券売機ボタンは左一番下。なお、スタッフに登録画面を見せてから。 

DSCF3589私はLINE割引は使わずに、特製ではない「木桶仕込みそらーめん」を正規のプライスで^^; 

食券を渡すと「あっさり」か「こってり」を聞かれます。「こってり」を指定。 

DSCF3592冒頭で述べたように、こちらはど・みそそっくりのの味噌らーめんを提供。 

まず、つけ麺を除くメニューライナップが同じ。あっさり・こってり指定も同一。「オロチョン」の辛さ指定も同じ。 

調味料も一緒。レンゲも同じで器の形状もそっくり。らーめんのビジュアル、具の内容も完コピーなら、味も一緒w 

ど・みそ出身か孫弟子かインスパイアか!? 

修行先を聞こうと思ったのですが、私の前後でオーダー味噌、もといオーダーミスで作り直し発生。 

店主さん少々お疲れとテンパリ気味で聞ける雰囲気ではなく、ヒアリングを断念。 

DSCF3578店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席。後客いっぱいw 

私の退店時、一瞬行列が無くなりクリアーな店舗外観の撮影に成功しましたが、その後すぐに外待ち発生。480円効果は絶大! 

厨房には店主さん。茹麺機の上で丼を温めたり、味玉を茹で湯煎で温めたり、チャーシューを注文毎に切り分けてオーブンで温めたり、一つ一つの作業がとても丁寧! 

ホール担当の女性は雰囲気的に大女将さん的な!? 

DSCF3593BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。 

卓上調味料は、花椒、一味唐辛子。

木炭入りのお冷は、カウンター上のウオーターピッチャー からセルフで。

そして待つことしばし、「木桶仕込みそらーめん(こってり)」完成で~す♪ 
DSCF3599

DSCF3622まあるいフォルムの玉丼で着丼。 

具は、もやし、コーン、ニラ。特製にしないとチャーシューが入らないのもど・みそ流。 
DSCF3619

DSCF3645スープは、少しとろみのある動物性の味噌味。こってり・あっさりは、背脂の量(有無)で決定。 

味噌の風味・味が鮮烈で、かなりインパクトが強め。 

たっぷりの背脂効果も相まってコクのある濃厚な味わい。

何度も食べた味ですが、惹きがメチャ強いっすね~!やっぱり美味しい! 

DSCF3627麺は、三河屋製麺の平打太縮れタイプ。 

そういえば、ど・みそは今でも浅草開化楼のチーメンでしたっけ!? 

ハリとコシの強い食べごたえのある麺で、こってり濃厚なスープと良くマッチ。旨いっす! 

おいしく完食!周りは韓流ショップが多くラーメン専門店が少ないエリアですので、是非頑張ってほしいです!ごちそうさま! 

木桶仕込味噌らーめん 味噌蔵 (143/’16)