2016年5月1日、春日部の新店「オランダ亭」へ。
DSCF3190

2016年4月20日オープン。春日部に突如出現した新潟長岡生姜醤油ラーメンのお店。訪れた先達がみんなこぞって激賞で、大いに気になってました。カネキッチン@朝霞→初代えーいち@大泉学園の後、同行者を拾ってこの日の3軒目へw

DSCF3210店の場所は、一ノ割駅約1.2km、春日部駅約1.8km。 

お店の駐車場はありません^^; 

DSCF3200店舗は、「東京下町食堂 寅松」の跡地。 

店頭にはなぜか立派なホワイトタイガー像が!虎像のわけは、前店からのものw 

前のお店が「寅松」だったので、「寅」にちなんで虎の像を建立した模様w 

DSCF320214:00頃到着で、先客6。ですが、店主さんワンオペで片付けが間に合ってなくて、少し外で待つようにお願いされます。 

DSCF3216ベンチに座ってホワイトタイガーを眺めながら待ちます。 

入口が西向きで、西日が暑い(^_^;) 

そうか!風水では西の守り神が「白虎」なので、なるほど!って感じw 

ってか、この虎、かっけーw 

DSCF3237少しして呼ばれて店内へ。 

店内は、厨房前にカウンター4席、2人卓x1、小上がりに4人卓x2。後客1。 

結構な席数のある店舗ですが、店主さん一人で大忙し。 

券売機は無く後会計制。主なメニューは、しょうゆラーメン700円、しおラーメン700円、チャーシュー丼300円、他。ラーメンは味が濃い目のため「うすめ希望」は申し出て下さいとのこと。 
DSCF3227

DSCF3231前店の内装が分からず居抜きかリフォームしたか不明。 

ですが、木の質感を活かしたウッディなカウンターが、実に落ち着いた雰囲気。 

贅沢に和紙を使った照明も素敵です。 

DSCF3234カウンター上の照明は、やはりカバーが和紙の様ですが、また異なったデザイン。 

DSCF3228お冷は、入口横にある給水スペースからセルフで。 

コップは「JINRO」w

店頭にホワイトタイガー、和趣溢れる店内にBGMはレゲエ。 

で、なぜに「オランダ亭」!?会計時に聞いちゃいましたが、まだしばらくは秘密だそうです(^O^;) 

DSCF3221箸は割り箸。卓上調味料は、PICESブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「しょうゆラーメン」完成で~す♪ 
DSCF3269

DSCF3285オーソドックスなラーメン鉢で着丼。 

具は、チャーシュー、メンマ、青菜、ナルト、海苔、きざみネギ。 
DSCF3279

DSCF3295スープは、さらさらの清湯醤油味。 

生姜がふわっと香ってスープにも生姜が効いています。 

鶏だと思いますが動物性ベースのスープで、出汁の旨味も十分。なんというか凄い美味しい!

DSCF3293麺は中太わずかに縮れのあるタイプ。 

スープの持ち上げがよく、しなやかでウンマイ! 

一啜りごとに心地良い生姜風味が立ち上ります。 

具では、デフォでチャーシューメンかと思うほどのチャーシューがどっさり。味が沁みてて超爆ウマ! 

シェアした「しおラーメン」。 
DSCF3244

器・具共にしょうゆと同じ。 
DSCF3252

DSCF3306スープは、さらさら清湯醤油味。塩の方が、出汁の輪郭と生姜風味がくっきりと現れています。 

DSCF3312麺も「しょうゆ」と同じタイプ。 

「しょうゆ」はイメージ通りの新潟長岡生姜醤油ラーメンをさらに磨いたシフトですが、「しお」は他にあまり無い感じ。 

どちらも凄旨ですが、個人的には「しお」にシビレました!いやあほんとメチャ美味しい! 

おいしく完食!「チャーシュー麺」や「チャーシュー丼」は、絶品チャーシューまみれになるようで、次回は是非試さなくちゃ!ごちそうさま! 

オランダ亭 (140/’16)