2016年5月1日、朝霞の人気店「らぁめん屋カネキッチン」へ。
DSCF3061

2014年12月頃?営業開始。定食屋さんの定休日に間借り営業。開始間もない頃から大変評判が良く気になってましたが、当初は月一で予約のみの不定期営業。その後しばらくしてから日・月曜に営業日が固定されましたが、日曜は私が大抵麺休、月曜は昼で終了が多くタイミングが合わず。ゴールデンウィークに、本当にやっとようやく来ることが出来ましたw

DSCF3065店の場所は、朝霞駅南口徒歩約2分。

「ごはんや まーむ食堂」の定休日(日・月曜)の間借り営業。 

DSCF3053定刻30分前に到着で二番着。オープン時にはシャッター待ち14名程。 
  
DSCF3076定刻に開店。店内は、厨房前にカウンター1~2名席x2、窓に向かったカウンター(確か)6席。 

以前あったテーブル席は廃されて、ソファーは店内待ち席になっています。 

後客続々、20人位でしょうか!?あっという間に階段下の外歩道まで行列!(@_@;) 

厨房には店主さん、以前は広い店内でワンオペだったようですが、この日はホール担当の男子スタッフがサポートしてました。 

券売機は無く先会計制。 
DSCF3050  

主なメニューは、醤油らぁめん750円、清湯煮干らぁめん750円、肉飯250円、鶏ワサ250円、ハートランド500円、他。なお、5/3はつけ麺のみの営業、麺が昆布水に浸かった飯田商店スタイルのようです。 

DSCF3073オーダーは、煮干らぁめんと迷って「醤油らぁめん」にしました。 

こちらでは、最近都内のラーメン店で続々と採用が進んでいるπウォーター浄水器を導入。 

間借り営業ながら水も妥協しないとは、凄いこだわり! 

DSCF3068BGMはテレビ放送。箸は割り箸と洗い箸のW装備。卓上調味料は無し。 

そして待つことしばし、「醤油らぁめん」完成で~す♪ 
DSCF3085

DSCF3102受皿付きの純白の器で着丼。 

具は、低温調理の豚チャーシュー・鶏チャーシュー、三つ葉、駒切りねぎ、材木型メンマ。 
DSCF3089

DSCF3122スープは、さらさらの清湯醤油味。鶏ベースでキレッキレのスープは、一口目から旨味がほとばしります! 

香り・風味・コク・味わい・余韻など素晴らしく、これは美味しい! 

DSCF3107麺は、村上朝日製麺のストレート細麺。 

以前は三河屋製麺だった様ですが、もう一方の雄「煮干らぁめん」との相性を重視して麺を変えたようです。 

適度なコシとしっとりとした食感が両立。絶品スープとの相性もバッチリですね~! 

具では、肉の旨味が封じ込められた2種のチャーシューが、柔らかく絶品! 

極太メンマもふくよかな食感でやばウマでした! 

おいしく完食!「煮干らぁめん」も気になります!ごちそうさま! 

らぁめん屋カネキッチン (138/’16)