2016年4月24日、大森の新店「Homemade Ramen 麦苗」へ。
DSCF2243

2016年4月23日オープン。食材への徹底したこだわりと自家製麺のお店。情報を見たときすぐに、これは只者ではないと直感。速攻訪問ですw

DSCF2242店の場所は、大森海岸駅徒と大森の間て、大森海岸駅にやや近い感じ。 

両駅から歩約7〜8分。アートホテルズ大森の斜向かい。 

ラーメン一本槍の並び。「登龍」の跡地。

公式ブログはアーティスティック過ぎて、知らないとラーメン店のとは絶対に分かりませんf^_^;) 

DSCF2252全然関係ないですが、お隣の「お料理・お食事 なるほど」も4/27移転オープン。 

DSCF2250創業40年余で、品川区大井一丁目一本橋商店街より移転だそうです。 

DSCF2127閑話休題。 

入口ドアに営業時間掲示。 

不定休ですが、4/25(月)昼の部は休みのため、要注意! 

DSCF2126定刻10分前到着、一番海苔〜w まだ少し早いかもと、近隣をぐるっと回って5分前にもどったらシャッター2名^^; 

定刻にオープン!開店時シャッター8名。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF2132

DSCF2131主なメニューは、 
鶏のらぁめん770円、 
鶏のつけ麺780円、
豚と魚のらぁめん770円、 
豚と魚のつけ麺780円、 
特製ブラス200円、 
さがみっこ味玉100円、 
土鍋炊き小めし120円、 
肉玉めし350円、 
実家の魚めし380円、他。 

訪問時、麺類は、「鶏のらぁめん」以外売り切れ表示。 

DSCF2136本日の「実家の魚めし」は、アイルランド産本鮪で、限定10食。 

オーダーは、「鶏のらぁめん」と10食限定につられて「実家の魚めし」をw 

DSCF2138店内は、厨房前に奥に長いカウンター9席。 

シャッター8名がなだれ込んで、その後まさかの外待ち6名と大人気! 

オープンセールも無い小さな(失礼m(_ _)m)個人店の2日目にしては、異例の行列。 

やはり旨いという口コミ効果でしょうか!?  

スタッフは厨房にリアルイケメンの店主さん、笑顔が素敵なきゃりーぱみゅぱみゅ似の女性スタッフは、雰囲気的に女将さんかな? 

卓上には、パウチ・リング止めのウンチクカードがあって、待つ間も楽しめます。「麦苗のらーめん」 
DSCF2145

「トッピング」 
DSCF2149

DSCF2153飯類。「実家の魚めし」は、店主実家の魚屋から仕入れる旬の魚を乗っけ盛り。 

一品料理・ドリンク、川越の地ビールCOEDOもラインナップ。 
DSCF2156

DSCF2159「魚桂」、店主実家で緑ヶ丘の鮮魚店 

器は、陶芸工房「四季火土」の手作り 
DSCF2162

DSCF2166水は、アクアストリートの「純水」を使用。 

DSCF2142BGMは、ポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、白胡椒。 

そして待つことしばし、「鶏のらぁめん」完成で〜す♪ 
DSCF2199

DSCF2188器は、砧の陶芸工房の特注品。素敵です! 

具は、チャーシュー、青菜、きざみ白・青ネギ、海苔。 
DSCF2196

DSCF2214スープはさらさらの清湯醤油味。 

店頭看板によると、「やまがた地鶏の丸鶏とガラをメインに使用し、本枯節・伊吹産煮干・北海道産真昆布などでバランスを整えました」とか。 

キレッキレの淡麗清湯スープで、四つ葉やトイ・ボックスチックな仕立て。 

上記の名店と比べると、ややあっさり目ですっきりとした軽い味わい。 

ですが、衝撃的な旨さには違いなく震えるほど美味しい!

DSCF2208麺はストレート細麺。国産小麦と外国産小麦をミックスしたという自家製麺。 

しなやかで風味が格別に良くて、啜り心地の良さは抜群!そりゃもう虜な旨さ。 

限定10食「実家の魚めし」、本日はアイルランド産本鮪。 
DSCF2224

DSCF2236茶碗は小ぶりなミニサイズ。 

実家の鮮魚店セレクションだけあって、マグロの旨さは異次元!四つ葉で握りををいただいたような凄旨さ! 
DSCF2232

強いて言えばたれがやや少ないのと、ほぼわさびが効いてなくて、別添わさびがあると嬉しいかも。 

かなりおいしく満足の完食!未発売の「豚と魚のスープ」が猛烈に気になります!ごちそうさま! 

Homemade Ramen 麦苗 
住所: 〒140-0013 東京都品川区南大井6-11-10 
営業時間:11:30~14:30 17:30~20:30 
定休日:不定休