2016年4月23日、新宿御苑前の新店「博多 一瑞亭」へ。
DSCF2107

2016年4月21日オープン。博多豚骨ラーメン専門店。この日3軒目に訪問w

DSCF2122店の場所は、新宿御苑前駅2番出口出た目の前。 

道路の反対側正面が店舗で、2番出口から徒歩約1分。 

DSCF2042テナントとしては、あらとんつかさと入れ替わった跡地。 

「あらとん」と「つかさ」は電話番号が一緒でしたが、今回は変わってました。 

DSCF2098店頭には開店祝花。 

1基は、「博多祇園山笠千代流1丁目3区若手一同」から。 

twitter情報によると、「博多出身の大将がやっとりますけん、行っちゃってばい!」とか。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF2045

DSCF2103主なメニューは、ラーメン750円、替玉150円、ランチAセット(ラーメン・ごはん)850円、ランチBセット(ラーメン・ごはん・餃子)1000円、ミニチャーハン350円、他。 

オーダーは「ラーメン」で。 

食券を渡すと、麺の固さを聞かれます。「固め」でお願いしました。 

DSCF2096店内は、奥が厨房で手前が客席スペース。 

席は、壁に向かったカウンター10席、4人卓x3。 

「つかさ」から、大幅にリニューアルされてました。 

13:10頃到着で、先客6、後客2。スタッフは厨房に男性2、ホール担当女子2。 

一人の娘は博多弁ぽかった感じw 

DSCF2052BGMは、勇壮な三味線ソング。箸は洗い箸でエコ仕様。 

卓上調味料・薬味は、粒生ニンニク、紅しょうが、辛子高菜、胡椒、胡麻、餃子たれ、ラーメンたれ。 

DSCF2048卓上のカードは、「追加メニューのご案内」。 

そして待つことしばし、「ラーメン」完成で~す♪ 
DSCF2061

DSCF2072黒いスリムな丼が黒いレンゲと共に、銀の受皿に載って着丼。 

具は、海苔、きくらげ、チャーシュー、万能ねぎ。 
DSCF2067

DSCF2088スープは、とろとろにクリーミーな豚骨醤油味。タレが立ち気味で旨味強め。 

ポスターによると、「タレはスープの旨味を最大限に引き出すために、数十種類の魚介を独自に配合しています。」とのことで、なるほど特徴的な味わいはタレが決め手なんですね~!? 

タレが目立ちますが、髄の粉っぽさも感じられるスープは豚骨の旨味がぎっしりと詰まっていて、なんか只者ではない感じ。 

素性不明で正直あまり期待していませんでしたが、これは美味しい! 

DSCF2076麺は、ストレート細麺。固めでコリッとした食感がいいですね~! 

DSCF2092途中で、胡麻、辛子高菜、紅しょうがを時間差で投入して味変を堪能。 

紅しょうがは食紅を使わない薄い色で、本場仕様。高菜がピリリと辛くて旨か~!w 

DSCF2112おいしく完食!食後退店時に、走って追いかけてきた女性スタッフから、「替玉 or 味玉無料券」を貰いましたw 

有効期限がないのは良心的。新天地で頑張って下さい!ごちそうさま! 

博多 一瑞亭 (128/’16)