2016年4月16日、国立の新店?「中華そば 初代 修」へ。
DSCF1334

2016年4月5日、同じ国立駅南口の東2丁目から中1丁目へ移転オープン。移転前の旧店舗で2012年9月22日に食べてますが、記事未執筆でした(^^ゞ 今回はちゃんと書こうと決めて、やすのたまぞう@北府中の後、この日3軒目に訪問w

DSCF1278一応復習w 2007年2月15日旧店舗でオープン。 

店主さん
は、あじまる@立川→らいおん@府中→青葉@八王子で計10年以上修行経験ありだそうです。 

そして今回旧店舗の建物立替のため移転。 

12:40頃到着、店内満席外待ち2に接続。すぐに後客6。 

以前訪れた時は土曜日の13時過ぎで私一人でしたが、今回はなんか凄い人気! 

DSCF1280移転後の定休日は不定休ですが、4月の休みは、20日(水)・25日(月)・30日(土)。 

ほんと、不定休(^_^;) 

順番が来て店内へ。入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF1285

主なメニューは、中華そば680円、みそ中華そば730円、つけめん780円、油そば730円、みそ油そば780円、他。オーダーは、券売機先頭左端の「中華そば」にしました。以前は麺の太さが選べた様な気がしますが、今回は特に聞かれず。 

DSCF1286店内は、厨房を囲むL字型カウンター10席。 

厨房には店主さんと女性スタッフの2名体制。 

BGMはなぜか埼玉のFM NACK5。 

箸は洗い箸でエコ仕様。卓上調味料は、胡椒、ニンニク酢、酢、辛味調味料。 

後のつけ麺のお客さんが、ラー油をリクエストして出して貰ってました。 

そして待つことしばし、「中華そば」完成で~す♪ 
DSCF1300

DSCF1315中華そば 青葉の丼と良く似た器で着丼。 

具は、海苔、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。 
DSCF1303

DSCF1330スープは、わずかにとろみのある白湯醤油味。 

豚骨魚介醤油味で、いわゆる「またおま系」的なスタイル。 

ですが、魚粉のざらつきもなく、動物性と魚介それぞれが過度に主張することなく、バランスがとてもいいです。 

トータルとして一体感があって、いい意味で万人受けするニュートラルな仕上がり。人気があるのも頷けます。実際以前よりも印象はずっと良くて、しっかりと進化してますね!美味しい! 

DSCF1321麺は、三河屋製麺の中細ストレートタイプ。 

案外コシが強くて、パツンとした食感が新鮮。 

柔らかいスープに対してやや固茹でな気もしますが、一般的には麺固め好きが多いので、しっかりと支持されそうです。 

具では、青葉チックな肩ロースでほろりと崩れる食感が美味。 

おいしく完食!機会があれば「みそ中華そば」も食べてみたいです。ごちそうさま! 

中華そば 初代 修 (120/’16)