2016年4月9日、鶴瀬の新店「寛~くつろぎ~」へ。
DSCF0530

2016年4月8日オープン。店主さんは、超有名店の出身。修行先は一応内緒だそうでひっそりとしたオープンですが、店名からバレバレかとw しかも店主さんは内緒とおっしゃってますが、お母さんは時々お客さんに店主が主人公のコミックを見せて宣伝に熱心(^_^;)

開店時間の早い一軒でいただいた後、この日二軒目の麺活w

DSCF0484店の場所は、鶴瀬駅東口徒歩約8分。

開店5分前到着、先客6に接続。 

シャッター待ちの半分は知り合い、後から到着はビール牛さん(^_^;) 

駅から少し距離がありますが、駐車場は向かいに3台分確保。19番・23番・33番が「寛」の駐車枠。 
DSCF0475  

営業時間は11:30~15:00。定休日は金曜日。しばらくは昼営業のみ。準備が整い次第夜営業開始予定。ただし、夜営業が始まっても、木曜・金曜の夜は「呑み処 マドンナ」として営業(ラーメンの提供なし)。 
DSCF0478

定刻に開店。店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、小上がりに4人卓x1。「呑み処 マドンナ」のランチタイムに間借り営業というのが正しそう。後客3。券売機は無く後会計制。 

主なメニューは、煮干そば700円、醤油そば700円、肉ごはん(小)200円、お茶漬け用ごはん150円、他。 
DSCF0486

メニュー表の左は「煮干そば」ですが、上は「醤油そば」という、デフォの見極めが難しいレイアウトw 

DSCF0493スタッフは厨房に店主さん、ホール担当はお母さん。 

BGMは、テレビ放送。 

箸は洗い箸と割り箸のW装備。 

卓上調味料は無し。 

そして待つことしばし、「煮干そば」完成でーす♪ 
DSCF0502

DSCF0508白い器とレンゲが白い受皿に載った、修行先と同じスタイルで着丼。 

具は、低温調理の豚チャーシュー・鶏チャーシュ、メンマ、三つ葉、ゆず皮、ネギ。 
DSCF0511

DSCF0522スープはさらさらの清湯醤油味。 

メニューの説明書きによると、「動物性不使用、淡口醤油使用」とか。 

あっさりとした中に煮干しの旨味がじんわりと広がる優しい味わい。 

派手さはありませんが、店主さんの人柄がにじみ出たかのような、心のこもった丹念な調理が伺われて、実に美味しい! 

DSCF0516麺は、中細ストレートタイプ。三河屋製麺だそうです。

つるっとした食感で、あっさりとしたスープと良く合っています。 

先客マッハさんの「醤油そば」。メニューによると、「豚X魚介のWスープ」だそうです。 
DSCF0496

一口味見させてもらいましたが、こちらも端正なバランス型の淡麗な味わい。まさが染み入る感じがいいですね~! 

同じくマッハさんの「お茶漬け用ごはん」(写真のみ)。 
DSCF0529

先客尾瀬さんの「肉ごはん(小)」(写真のみ)。 
DSCF0527

今でもとても美味しいのですが、修行先の面影が感じられるのと、全体的にややおとなしくまとまってる感じかな~。少しブラッシュアップすれば、今以上にさらに美味しくなりそうな気がします。次回の訪問が楽しみ♪ごちそうさま! 

寛~くつろぎ~ (111/’16)