2016年4月2日、練馬の新店「博多水炊きらーめん うかんむり」へ。
DSCF9556

2016年4月1日エイプリールフールにオープン。博多水炊きの製法を基に作られた水炊きラーメンのお店。この日のお目当ての店が偶然一致したので、しらけんさんとシェアw

DSCF9495店お場所は、肉汁や→おごり→もんしゅしゅと遷移した跡地。開店5分前到着。一番海苔~w 

DSCF9500ロバオさんの記事によると、青山にあるお店の関連店とか。帰りに聞こうと思ってましたが、次を急いでいて聞くの忘れたぅ(´・ω・`) 

でも、青山で鶏そば、店主が博多出身って言ったら、多分あそこかな(^_^;) 

DSCF9549店頭立て看板には、営業時間やメニュー等インフォメーション豊富。 

以下店頭メニューより、「博多水炊きらーめん」。 
DSCF9479

「鶏つけそば」 
DSCF9480

「鶏中華そば」。 
DSCF9487

「汁なし担々麺」 
DSCF9488

DSCF9547小丼ぶり類 

DSCF9502開店祝花は三河屋製麺から。 

定刻にちょっと(1分位)遅れて開店。入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF9507

DSCF9504主なメニューは、博多水炊きらーめん750円、鶏つけそば750円、鶏中華そば750円、汁なし担々麺750円、釜揚げしらすとおろしの小さな丼ぶり・炙り笹身と山葵の小さな丼ぶり・チャーシューと葱の小さな丼ぶり各250円(ランチタイム50円引き)、 

DSCF9523〆の鶏節お茶漬けごはん150円、他。 

店内は、奥が厨房で席にもよるかもですが、調理風景はほとんど見えないレイアウト。凹地形カウンター4席・3席、2人卓x2、後客4。 
DSCF9513

DSCF9531スタッフは、厨房に店主さん?店長さん?ホール担当の女性の計2名体制。

BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ仕様。 

卓上調味料は、無し。 

卓上のかごはゴミ入れで、手元にあるのにフタがないのはあまり好きではありません。 

そして待つことしばし、「博多水炊きらーめん」完成でーす♪ 
DSCF9569

DSCF9586釣鐘を逆さにしたような計上の丼で着丼。 

具は、きくらげ、柚子つくね、「塩鶏」という部位の異なる鶏チャーシューx2種、きざみネギ。 
DSCF9563

DSCF9602スープは少しとろみのある鶏白湯塩味。豚骨・魚粉・化調不使用。 

まろやかで自然な甘みと旨味があり、濃厚鶏白湯に食傷気味の舌にも新鮮に感じられます。 

クオリティと完成度の高いスープで、これは美味しい! 

DSCF9596麺は、三河屋製麺のストレート細麺。麺量130g。 

低加水でザクザクした食感は、高粘度のスープには鉄壁のマッチング。 

ありがちな組み合わせですが、やはり美味しい! 

シェアした「鶏中華そば」 
DSCF9572

具は、チャーシュー、メンマ、なると、海苔、きざみネギ。炙りチャーシューがやたら旨い! 
DSCF9578

DSCF9614スープは、やはりとろみ系の鶏白湯。 

水炊き鶏白湯スープに鶏ブイヨンを合わせた、「濃厚であっさり」を味わえる逸品とか。 

「うかんむり謹製昔ながらの中華そば」だそうです。 

「昔ながらの中華そば」とはちょっと言いがたい気がしますが^^; 「濃厚であっさり」は確かに雰囲気は出ています。 

「博多水炊きらーめん」とは一味も二味も違う味わいを具現化。 

旨味の輪郭が鮮明で分かり易い味ですね。美味しい! 

DSCF9617麺は、三河屋製麺のストレート細麺。 

「水炊きらーめん」と同じ麺かと思いますが、こちらは麺量150gとやや多め。 

具の種類も多く、食べごたえがあります。 

しらけんさん注文の「〆の鶏節お茶漬けごはん」。 
DSCF9608

ご飯の上に、鶏節、きざみ海苔、三つ葉。海苔と三つ葉に隠れてますが、中央にわさび。 
DSCF9629

DSCF9635「水炊きらーめん」のスープをかけていただきます。 

DSCF9638もちろん美味しいのですが、スープの味がしっかりしてるので、鶏節の効果はあまり無し。 

わさびがトップのセンターに配置してるのは、意図せず全体に混ぜてしまいがちで、脇に添えてあった方がベター。 

おいしく完食!やはり「汁なし担々麺」が気になります。ごちそうさま! 

博多水炊きらーめん うかんむり (102/’16)