2016年3月4日、武蔵小金井の新店「赤青 MURASAKI」へ。
DSCF5890

2016年2月29日仏滅にオープン(^_^;) しかも創業記念日が4年に1度w せたが屋など数々の有麺店で経験を積まれた星さんが独立開業。オープンの噂はかねてより聞き及んでましたが、遂に念願のスタート!(祝) ちょっと出遅れましたが、ようやく訪麺w

DSCF5802店の場所は武蔵小金井駅北口徒歩約4分。 

ばふの並びで、丸めの跡地。 

ななふく・ばふ・MURASAKIで激ウマトライアングルを形成! 

定刻5分前到着で1番海苔~w 

店頭には開店祝花いっぱい。気づいたところでは、桃の木、 

DSCF5788瑞山、金色不如帰、ばふ、麺や雄、 

DSCF5799灯花から。 

店名は、「赤青」と書いて「MURASAKI」と読ませるスタイル。 

DAI語とは違いますが、ちょっとカッコイイw 

定刻にオープン。入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF5817

DSCF5792主なメニューは、鶏醤油らぁ麺780円、赤青醤油らぁ麺880円、つけ麺780円、ゆずつけ麺880円、辛つけ麺880円、究極のチャーシューSGP1枚350円、他。 

初日から連日OPEN記念限定をリリースとか気合MAX(笑) 各日の限定は、2/29鯛と帆立貝とカキの塩そば880円、3/1トマトと香味野菜の塩らぁ麺780円、3/2海老とトマトの塩らぁ麺780円、 
DSCF5807

3/3煮干し大魔王780円、3/4背脂煮干し醤油780円。ちなみに星さんのイラストは、青木画伯作。 
DSCF5804

DSCF5811限定も気になりましたが、やはり初訪はデフォで。 

オーダーは、店名を冠した「赤青醤油らぁ麺」にしました。 

DSCF5834店内は、厨房前3席、壁に向かったカウンター5席。 

レイアウトは前店踏襲ですが、隅々までピカピカに磨き上げられています。 

後客3。 

厨房には星さんとサポートの男性スタッフの2名体制。 

DSCF5819奥の棚にはお祝いの品がずら~り。 

DSCF5837カウンターの掲示は、サイボクハムのスーパー・ゴールデン・ポークの紹介。 

もう一つ掲示物は、ブランド卵「つまんでご卵」についてのもの。 
DSCF5826

DSCF5832BGMは、ラジオ。箸は洗い箸でエコ仕様。 

卓上調味料は、ミル入り胡椒、一味唐辛子。 

卓上にランチョンマットが敷かれていてます。 

そして待つことしばし、「赤青醤油らぁ麺」完成でーす♪ 
DSCF5848

DSCF5860逆釣鐘型の鳴門丼で着丼。 

具は、三つ葉、白髪ネギ、みょうが、チャーシュー。 
DSCF5854

DSCF5877スープは、さらさらの清湯醤油味。 

基本の「鶏醤油らぁ麺」は文字通り大山鶏ベースのスープですが、こちらの「赤青醤油らぁ麺」は、白蛤(ホンビノス貝)メインに鶏・魚介を合わせたスープとか。 

一口目から、貝の芳醇な風味と旨味がふわっと来ます。 

出汁感重視でカエシ控えめなためかと思いますが、結構甘みが先行している点がちょっと気になった点。カエシをもうちょい立たせてもいいかも。ですが、身体に自然とすっと沁み入る優しいコクと滋味深さがあって、とても美味しい! 

DSCF5871麺は厨房の麺箱から大成食品のストレート中細タイプ。 

加水低めのぱっつん麺で、つるりとした啜り心地と歯切れの良さを両立。 

スープの持ち上げもよく美味しい! 

具では、何といってもサイボクハムのSGPを使ったチャーシューが抜群の旨さ! 

コリッとした食感のメンマも、旨いっす! 

おいしく完食。基本の「鶏醤油らぁ麺」や限定も気になります!ごちそうさま! 

赤青 MURASAKI (64/’16)