2016年2月18日、本日オープンの新店舗「坦坦麺 ごまる」へ。
DSCF4286

東海地方を中心に6店舗を展開するごまめ家の新業態店にして都内進出店。「究極の担担麺」を謳う担々麺専門店。担々麺好きなので、それは気になると早速訪麺w

DSCF4284ロゴマークは◯に5。 

店の場所は、「香味徳 銀座店」の斜め前w 半地下のような感じで、少し階段を降ります。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF4296

DSCF4323主なメニューは、ごまる担担麺850円、排骨担担麺1060円、野菜たっぷり担担麺980円、黒ごま担担麺混ぜそばブラック950円、四川担担麺混ぜそばレッド950円、黒胡麻味噌担担麺950円(期間眼底)、バゲット120円、ライス120円、他。 

ランチタイムはバゲットorライス無料。 

オーダーは、「ごまる担担麺」にしました。 

辛さが選べますが、辛さ増しは+20円。せっかくなので辛さ増しでw 
DSCF4298

DSCF4320店内は、奥が厨房で厨房前に真っ直ぐなカウンター5席、移動可能な2人卓x6、4人卓x2、10席の長テーブルx1。 

20:10頃到着で、先客8、後客10。やや遅め時間でも盛況な入り。 

スタッフは、厨房・ホールに男女合わせて6名。 

DSCF4318最初にお冷、紙エプロン、ペーパーナプキン、胡麻が配膳され、「お好みで胡麻を擦って担担麺に入れて下さい」というアナウンスがあります。 

DSCF4335胡麻を擦って入れるスタイルは、喜楽々@東川口以来かな!? 

卓上には、「坦坦麺のおいしい食べ方」 
DSCF4304

裏は、自家製調味料「みそスコ」について。 
DSCF4308

DSCF4314BGMは軽音楽。箸は割り箸。卓上調味料は、みそスコ。



DSCF4316「みそスコ」とは、発酵熟成した豆味噌(尾張の赤だし味噌)とハバネロを合わせたオリジナル辛味調味料。 

そして待つことしばし「ごまる担担麺(辛さ増し)」完成で〜す♪ 
DSCF4331

DSCF4338担担麺の赤が映える受け皿付きの白い丼で着丼w 

具は、肉味噌、青菜、きざみネギ。 
DSCF4348

DSCF4356スープは、さらさらの清湯胡麻辛味。胡麻感も申し分なし。 

辛さ増しですが、痺れは弱め、辛さはやや強め。 

そして、何というかしっかりとしたコクがあって、スープに力があり、とても美味しい! 

資本系の大箱店で、正直甘く見てましたが、なんか凄くレベルが高くてビックリ! 

「究極の担担麺」はちょっと言い過ぎかもですが^^; 確かに相当ウマイです 

DSCF4351麺は中細ストレート。 

なめらか食感で、するすると啜り心地よく、ストレスフリーで楽しめます!オイチイw 

DSCF4367「みそスコ」は、さらっとしていてウスターソースっぽい見た目。 

ほのかにハバネロの香りがする程度で、直接舐めても全然辛くありませw これならタバスコの方が辛いです。 

ただ、豆味噌の風味はいいです。担担麺に入れると、面白い味変になります。 

味は凄く美味しかったのですが、担担麺専門店なので、あると嬉しいアイテムを。やはり卓上調味料に、花椒と辣油は欲しいです。それから、沈んだ肉味噌を拾ってるうちに、気付いたらスープをほとんど飲んでしまうので、穴あきレンゲがあると助かります。あっても結局ほとんどスープを飲むわけですが(^O^;) 

おいしく完食!混ぜそば系も気になります。ごちそうさま! 

坦坦麺 ごまる (48/’16)