2016年2月11日、十条の新店「喜多方食堂 麺や玄 十条店」へ。
DSCF3603

2016年2月5日オープン。福島県喜多方市の「麺や玄」で修行した店主による、稲荷町や佐倉に系列店のある喜多方ラーメン店の支店。喜多方らーめん好きってのもあって、バリバリジョニー@行徳→ゆきふじ@新御茶ノ水の後、この日3軒目に訪麺w

DSCF3541店の場所は、十条駅と東十条駅の間で十条寄り。j十条駅南口徒歩約4分。

「cafe&bar garden」の跡地。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。が、この日は券売機故障で席にて注文、先会計でした。 

主なメニューは、 
蔵出し醤油らーめん650円、蔵出し塩らーめん650円、蔵出し味噌らーめん700円、焼き豚めし350円、本鮪ばらとろちらし350円、 
他。 

DSCF3535稲荷町店には(オープン当初)塩がありませんでしたが、こちらではオンストア。 

2月限定は辛味噌850円、辛さは1辛~3辛から指定。 

DSCF3529ランチセットは、醤油・塩・味噌の各ラーメン1つと、チャーシューめし・本鮪ばらとろちらしどちらかのセットで900円。 

オーダーは、基本の「醤油ラーメン」にしました。 

麺を注文すると、すっきりかまったりか聞かれます。「すっきり」がベースで、「まったり」は、背脂と玉ねぎ入り。背脂のみ・玉ねぎのみも可能(塩はたまねぎのみ可)。 
DSCF3552

稲荷町店では個別に有無指定でしたが、十条店では「まったり」という呼称で注文しやすくした模様。ちなみに、喜多方の「一平」では背脂トッピングの「じとじと」が人気とか。それに似た趣向。上画像は、卓上メニュー。「まったり」にしました。 

DSCF3549限定やサイドメニューもそうですが、黒板メニューもあって、オープン間もない新店とは思えない充実っぷり。 

店内は、L字型カウンター12席。奥が厨房で調理風景は見えません。奥の席なら見えるのかな!? 
DSCF3539

13:20頃到着で、先客6位、後客7。ひっきりなしにお客さんが出入りして、賑やかで活気があります。 
DSCF3553

スタッフは男性3名。 
DSCF3557

DSCF3564BGMは、入口近くのテレビから流れるテレビ放送。箸は割り箸。 

卓上調味料はS&B辣油、酢、GABAN一味唐辛子・ホワイトペッパー。 

そして待つことしばし、「蔵出し醤油らーめん(まったり)」完成でーす♪ 
DSCF3576

DSCF3577いかにも喜多方ラーメンのイメージにぴったりなラーメン丼で着丼。 

具は、海苔、きざみ玉ねぎ、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。 
DSCF3588

DSCF3598スープはさらさらの清湯醤油味。 

鶏ガラベースでほのかに煮干が香るあっさり味のスープは、懐かしさと郷愁を感じます。 

細かい背脂がびっしりと浮いて、コクをブースト。ただクドさはありません。 

新規性はありませんがほっとする味わいで、安心していただけます。 

DSCF3590麺は中太縮れタイプ。佐野らーめんほどではないですが、手もみの入ったピロピロ食感はとても楽しく、麺の旨さが活きています。 

おいしく完食。やはり期間限定「辛味噌」が気になります、ごちそうさま! 

喜多方食堂 麺や玄 十条店 (40/’16)