2016年2月6日、幸手の新店「蒙麺 火の豚」へ。
DSCF3223

2016年2月1日プレオープン。2月5日グランドオープン。店主さんは、ラーメン二郎→蒙古タンメン中本→大勝軒→屯ちん他を歴任。経験豊富な店主が繰り出すメニューは、二郎インスパイアと、そこに中本の蒙古麻婆豆腐的なのが載った、まさに二郎vs中本夢のコラボ的な一杯!

さらに、プレ中もそうでしたが、2/5~2/7の3日間、一杯500円で提供。夢と希望のファンタスティックな一杯がいただけるとあって、この日2軒目に訪麺w

DSCF3097ワンコインセール中は、11:30~160食売切まで。 

DSCF3220店の場所は、一代元の跡地。店名は、ツイッター投票で決定。 

DSCF3095駐車場は、店頭に11台分あり。開店時刻10分過ぎに到着で、駐車場満車の外待ち10名。 

ただ、順次案内着席していったらしく、待ち6名ほどで行列が落ち着いて長期戦へ(^_^;) 

1番の方が出てきたら空いたスペーへ駐車。 

ってか、最初の方はビール牛さんでした!ど~も!いつも新店でニアミスでしたが、なにげにお初w 

DSCF3093店頭開店祝花は、カネシ商事、らーめん いごっそうから。 

久喜中同級生一同からのもあって、店主さんは地元へ凱旋!?w 

DSCF3101気になったのが行列さばきがあまり良くない点。2人以上のグループ客を飛ばしてお一人様を先に席へ案内。 

それはいいのですが、一人食べ終えて1席空いて同タイミングで提供された隣もすぐに終わりそうなのに、機械的に1席空いたらお一人様を空席1に通す方式。 

相席のテーブル席も1席空いたらそこに一人通すので、結果、どっかグループ客が立たないとグループ客は一向に座れず、グループ客ばかり行列に残るという状況。 

10人位に抜かされて、目の前で後から来たピンの2人が先に4人テーブルを占拠して、同行者はプチキレてました。 
確かにもっと周りを良く見て状況を判断した方がいいかと。 

でで、入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF3117

DSCF3105主なメニューは、ラーメン(二郎系)700円、フュージョン800円(二郎系+麻婆豆腐)、火の頂らーめん(激辛)700円、火の頂つけ麺800円、至高の塩750円(オリジナル)、他。 

ワンコインセール中は、券売機右上端の「サービス500円」のバタンをプッシュ。 

セール中ラーメン類のみで、つけ麺・やごはん類のサイドメニューは提供なし。 

券売機上には、麺マシ用すり鉢がディスプレイw 見たことのあるハンネの方の祝い酒も(^_^;) 

DSCF3108無料トッピングは、ニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメ。 

何も指定しない場合、ニンニク無し、ヤサイ普通、油無し、カラメ普通だそうです。 

なお、塩・火の頂ラーメンはニンニクのみ対応。 

カラメは卓上のタレで調節可能。 

コールタイミングは、食券を渡す時。

DSCF3102店内は、カウンター7、4人卓x3、小上がりに6人卓x2。スタッフは、男女合わせて5名。 

入口近くの壁際には、カネシ醤油のポリタンクがずら~りw 

DSCF3124BGMはJ-Pop。箸は割り箸。 

卓上調味料は、カラメ用のタレ、ミル入り胡椒。 

そして待つことしばし、「フュージョン」完成でーす。 
DSCF3128

DSCF3139コール指定は特に無しで。 

具は、ヤサイ、ブタ、麻婆豆腐。ヤサイはもやし100%でキャベツはなし。 
DSCF3135

DSCF3148スープは、さらっとした豚骨醤油味。 

アブラ増ししてませんが、豚の旨味が十分に溶け出していて不足感はありません。評判に違わぬハイクオリティな出色の出来で、凄く美味しい! 

DSCF3140麺は、平打ちに近い極太縮れの自家製麺。プレ中に麺を変えたそうで、デロからボクっとした食感にチェンジ。 

本家に近い麺になったとのことで、確かに濃厚豚骨スープにも負けていません。 

DSCF3213ブタは、塊がど~んとw 脂身が少ない赤身肉ですが、柔らかくジューシーで、神豚と呼びたいアイテム。トンでもなく旨いw 

DSCF3156麻婆豆腐は、中本の蒙古麻婆そのものの食感。 

ただし、辛さはこちらのが数段辛いです。 

二郎系ラーメンオンザ中本風麻婆豆腐って、dream come trueなわけで、素直に嬉しい!そして旨いなぁ~! 

同行者の「至高の塩(無料トッピ無し)」。 
DSCF3165

DSCF3174ラーメンの丼より一回り小さい反高台丼で登場。 

具は、ナルト、笹切りネギ、チャーシュー、カイワレ。チャーシューは、ラーメンのブタを薄切りにしたもの。 
DSCF3181

DSCF3206スープは、琥珀色のさらりとした清湯塩味。あっさりとした出汁にやや塩カドが立ったタレが目立ちます。 

ちょっと方向性に迷ってる感じかな~!? 

「ラーメン(フュージョン)」の完成度が素晴らしいだけに、こちらはまだまだブラッシュアップ途中な感じ。 

DSCF3200麺は、ラーメンとは異なるストレート中細タイプ。ザラッとした質感のパツパツ麺。 

おいしく完食。激辛の「火の頂」が気になります。ごちそうさま! 

蒙麺 火の豚 (36/’16)