2016年1月20日、本八幡の「魂麺」へ。DSCF1475

「魂麺」冬の風物詩「鍋焼きラーメン」が、1/9頃スタート。珍しくワタシが欠かさずリピートしている期間限定麺。店主さん自ら、魂麺で一番美味しいメニューと言う逸品!ちょっと遅くなりましたが、今年も訪麺w

DSCF1401魂麺の鍋焼きラーメンは2月末日まで、夜の部のみの提供。 

DSCF1403首都圏でも鍋焼きラーメンをラインナップする店は何軒かありますが、魂麺では高知県須崎市のご当地ラーメン「鍋焼きラーメン」をリスペクトした一杯を提供。 

須崎市が定めた「鍋焼きラーメン7つの定義」を出来るだけ忠実に再現するというこだわりようです。 

DSCF1402また、魂麺独自の工夫として、味が選べる〆の雑炊をオプションで用意。 

さらに今年は、鍋焼きラーメンの辛いバージョンとして、「麻辣火鍋焼きラーメン」を1/18頃からオンストア。これが超気になって、デフォと激しく迷い中f^_^;) 
DSCF1404

DSCF1407鍋焼きラーメン関連メニューは、鍋焼きラーメン880円、麻辣火鍋焼きラーメン1100円。 

券売機ボタンは、最上段中央。 

〆の雑炊は、玉子雑炊150円~。雑炊の注文は、席から現金でOK。 

オーダーは、やっぱり気になった「麻辣火鍋焼きラーメン」にw 

DSCF140920:20 頃到着で、先客4、後客7。厨房にはスタッフさん2名。 

久々なのでメニューもチェックw 
DSCF1411

DSCF1413

DSCF1418まずは、鍋敷きと漬物が登場。漬物は、「鍋焼きラーメン7つの定義」の第6条に規定されていますw

そして待つことしばし、「麻辣火鍋焼きラーメン」完成で〜す♪ 
DSCF1423

DSCF1431蓋付きの土鍋で運ばれ、着丼でフタが外されます。 

具は、ネギ、三つ葉、ちくわ、鶏肉、麩、生玉子。 
DSCF1429

DSCF1449スープは、さらりとした鶏清湯。 

ですが、公式ブログによると、「ニンニク、ショウガ、トウガラシ三種、花椒、豆板醤、沙茶醤、コリアンダー、チンピ、クミン、シナモン、クローブ、ナツメグ、ローレル、ブラックペッパーなどをブレンドした特製麻辣」でチューニング。 

火傷注意の激熱沸騰スープに鮮烈なシビ辛麻辣が加わって、猛烈にスパイシー。 

身体の中から温まる度最高潮で、こりゃ美味しい! 

DSCF1440麺は、ストレート細麺。 「稲庭中華そば」ですね~! 

煮込んでもヘタらない秀麺で、鍋焼きにはぴったり。 

最初インパクト甚大なストロングスープに対して麺が大人し過ぎな気もしましたが、すぐに麺の地力の強さが発揮されて違和感は消失。旨いっす~!

麺と具を食べ終えたら、「鍋焼きラーメン」お楽しみの〆の雑炊。店主さんいわく、麺よりも雑炊が旨いとか(笑) 
DSCF1457

DSCF1466〆の雑炊は卵・勝タン・市川海苔・カレー・チーズカレー鍋とありますが、「麻辣火鍋焼きラーメン」に合うのは卵・市川海苔だそうです。 

ってことで、「卵雑炊」をオーダー。 

これがまた、思考力が停止してボキャブラリを失うほど最高旨いw 確かに、これ必食断然オススメw

おいしく完食!2月には鍋焼きラーメンの味噌味も登場予定とか。超気になります!ごちそうさま! 


魂麺 (17/’16)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック