2016年1月25日、神田の新店「神田とりそば なな蓮」へ。DSCF1902

2016年1月18日オープン。日本橋 製麺庵 なな蓮@三越前の2号店。1/23に4軒目にと立ち寄ったら開いてなくて、本日リベンジに訪麺w

DSCF1975店の場所は、時翁の跡地。 

なぜか未だに「時翁」の電光袖看板に灯りがはいってるという^^; 

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、鶏しおそば800円、支那そば800円、他。 
DSCF1912

DSCF1909オーダーは、券売機先頭左端の「鶏しおそば」にしました。

1月いっぱいはプレオープン中で、味玉サービス中! 

DSCF1906店内は、厨房を囲むL時型カウンター8席。20:30頃到着で、先客2、後客2。 

厨房には店主さん?店長さん?ワンオペ体制。 

一時、他のお客さんが居なくなったので、幾つかヒアリングw 

プレオープンスタート日は、1/18。プレオープン期間中は、夜だけの営業。 

営業時間はさぐり中とのことで、だいたい18:30〜22:00目安(変更あり)。  

DSCF1915

プレオープン中の1月いっぱいは、味玉サービス。 

本格オープンは、2月初頭を予定。 

BGMはジャズ。箸は割り箸。 

卓上調味料は、一味唐辛子、ミル入り胡椒。 

そして待つことしばし、「鶏しおそば」完成で〜す♪ 
DSCF1921

DSCF1939白いシンプルな高台丼で登場。 

具は、海苔、三つ葉、チャーシュー、メンマ、サービス味玉、笹切りネギ、みじん切りネギ、他。 
DSCF1936

DSCF1961スープは、さらさらの清湯塩味。 

鷄ベースで、貝類のような旨味が感じられます。 

あっさりとした薄味調味で、最初はなんか物足りない感じ。 

ですが、中盤以降、いつしか深いコクが感じられるようになり、いつの間にかスープの旨味に引き込まれて行きます。

いやほんと、最初はあんなに薄く感じたのにびっくり!こりゃ美味しい! 

DSCF1956麺は、中太で細かい縮れのあるタイプ。 

加水高めで、しっとりもっちり食感。 

麺単体で旨くて、故に前半は麺がやや浮き気味。 

途中から全体の一体感半端なく、すこぶる旨し! 

DSCF1967チャーシューは、鶏と豚で、さらに豚は部位の異なる計3種入り。どれもクオリティ高く美味! 

メンマはしっとりやわらかで、味玉はホクホクと味が沁みてウンマイ! 

パーツ一つ一つがハイレベルで旨さも格別! 

おいしく完食!800円は最初高いかな?と思いましたが、食べて納得の味でした。「支那そば」も気になります。ごちそうさま! 

神田とりそば なな蓮 (23/‘16)