2015年12月12日、金沢八景の新店「麺屋 庄太 六浦店」へ。
DSCF8566

2015年12月11日オープン。TRYラーメン大賞’15-‘16において、名店部門トンコツ3位・名店部門MIXのW受賞を成し遂げた津久井浜の「麺屋 庄太」が金沢八景に新店をオープン。大型の宿題店でしたが、今回いい機会なのでこの日3軒目に訪問w

DSCF8475「麺屋 庄太」は2012年3月オープン。 

オープン後まもなく羽釜で炊く濃厚スープが話題となり、またたく間に人気店へ。 

TRYでたびたび見ていて、ずーっと気になってました。 

念願かなってようやく訪問w 

店の場所は、金沢八景駅徒歩約10分の横須賀街道沿い。横横家跡地。 

津久井浜の本店は長期休業に入るとのことで、事実上の移転かと。 

DSCF8477あまり事前調査せずに向かったのですが、道すがら確認したところ、初日は30人超の大行列だったとか(゜o゜; 

ヤバッ!訪問順番間違えたかな!?と思って、途中から急ぎモード。 

12:40頃到着で外待ち8。思ったほどの列びではなくホッと一安心。と思いきや、後続続々であっという間に20人ほどの行列へ。 

たまたまタイミングが良かったみたいで、ラッキー! 

店頭には開店祝花いっぱい!TRICから、 

DSCF8480流星軒、マタドール、 

DSCF8484増田製麺、 

DSCF8572浜虎、G麺7 

DSCF8482飯田商店の将太君から庄太さんへw 

列んでいると、最初に食券を書くように案内され、順番にいったん店内へ入って食券購入です。 
DSCF8490

主なメニューは、らぁ麺700円、魚介らぁ麺770円、中華そば770円、つけ麺840円、辛つけ麺920円、他。 
DSCF8494

DSCF8496それぞれ細麺へのチェンジ可能。 

オーダは、券売機先頭左端の「らぁ麺(並)」にしました。 

ちなみに、着席時の両隣は「魚介らぁ麺」で、そちらも人気のようです。 

DSCF8497順番が来て着席。 

店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター10席、4人卓x2。 

壁に向かったカウンター5席ありますが、この日は未開放。 

スタッフは、麺あげから盛り付けまでほとんど一人でこなす店主さんと、サポートの男女合わせて厨房に4名、ホール担当女性2名。  

DSCF8511厨房には巨大な羽釜が2基、木蓋の隙間から湯気が立ち上って、ガンガン豚骨を炊いてる様子が伺えます。 

店主さんは、1ロット5杯ずつ流れるような動作で調理進行。 

カウンター上の壁面には、「つけ麺の楽しみ方(①~③)」掲示。 

DSCF8513「つけ麺の楽しみ方④~⑤」 

DSCF8515「つけ麺の楽しみ方(〆)」 

DSCF8520BGMはポップス。はhしは割り箸。 

卓上調味料は、おろしにんにく、豆板醤、胡麻、黒粒胡椒、一味唐辛子、酢。 

そして待つことしばし、「らぁ麺(並)」完成でーす♪ 
DSCF8532

DSCF8539「羽釜豚骨」の文字が誇らしげに踊る、店名ロゴ入りの丼で登場。 

具は、海苔、チャーシュー、穂先メンマ、ネギ。DSCF8536 

DSCF8557スープは、とろみのある豚骨醤油味。 

ビジュアルは異なりますが、味の組み立て的には家系に近いベクトル。 

豚骨の重厚な旨味がズシンと押し寄せる超パワフルなスープ。 

ですが、跡に残る重さはまったくありません。 

豚骨の旨味を存分に味わえるストロングスープで、こりゃ美味しい! 

DSCF8556麺は、横須賀にある増田製麺所の中太ストレートタイプ。

一般的な麺よりもやや短めのスペックで、リズミカルに食べることが可能な家系仕様。 

スープと麺の相性はバッチリですね、ウマウマ! 

美味しく完食!食べ終えて外に出ると、なっくさん発見w ど~も!軽く情報交換w  「魚介らぁ麺」や「中華そば」も気になります。ごちそうさま! 

麺屋 庄太 六浦店 (441/’15)