2015年11月21日、経堂の新店「タンメン専門店 瀧武者」へ。
DSCF6485

2015年10月30日オープン。1枚目画像外待ちのお客様は、席待ちではなく炒飯テイクアウトの出来上がり待ち^^; タンメンで野菜を補給しに、近くの「JIN 鶏の陣」の後に連食w

IMG_3500店の場所は、経堂駅南口徒歩2~3分。農大通り沿い。 

やはり南口で小田急線ガード沿いの「JIN 鶏の陣」からも、徒歩3~4分。 

「からあげ割烹 福のから」の跡地。 

画像は、経堂農大通りのシンボル「ハートフル・ファミリー」w 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF6433

DSCF6480麺メニューは、塩野菜タンメン780円、味噌野菜タンメン、辛野菜タンメン800円、マーボー野菜タンメン780円、五目タンメン680円、台湾担子麺650円、醤油タンメン650円、濃厚魚介つけ麺780円、辛魚介つけ麺800円。 

もう一つのウリが炒飯で、武蔵炒飯500円、エビマヨ炒飯780円、マーボー炒飯750円、エビチリ炒飯780円、ユーリンチー炒飯750円。 

炒飯は時間がかかるらしく、後から来た客の麺が先に提供されることしばしば。 

DSCF6435丼物、一品料理・おつまみも豊富。 

オーダーは、券売機先頭左端の「塩野菜タンメン」にしました。 

DSCF6437炒飯は、なんと特盛りまで無料。 

さらに、麺・炒飯・丼注文で、ライス食べ放題、スープ飲み放題! 

DSCF6476店内は、厨房を大きくL字に囲むカウンターと、テーブル席多数。 

細長く奥に広い店内で、入口近くのカウンターに陣取ったため、席数よく分からず^^; 

11:40頃の入店で、6割位の入り。 

その後もお客さん続々来店、どんどん奥へ吸い込まれていきます。 

店内の一角に「ライスバー」が設置されていて、おかわり自由のライス・スープはそこからセルフで。 

ただし炒飯注文時の1杯目のスープは、持ってきてくれます。 

DSCF6438スタッフで確認できたのは4人ほど。 

接客は日本語ですが、ホールと厨房の会話は中国語。 

厨房には、麻生製麺の麺箱。 

DSCF6439箸は割り箸。 

卓上調味料は、醤油、ラー油、酢、豆板醤、GABANブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「塩野菜タンメン」完成でーす♪ 
DSCF6453

DSCF6461スナフキンの帽子を逆さまにしたような、特徴的な形状の丼で登場。 

下に行くにつれてすぼまっていて、量入らなさそうに見えますが、かなりでかい器のため、量はバッチリあります。 

タンメンの具は、もやし、キャベツ、ニンジン、ニラ、ほうれん草、コーン、きくらげ、ゲソ、なると、豚肉、他。 
DSCF6454
これ一杯で、1日分の野菜500g入り。キャベツに隠れたナルトをキャベツと一緒にかじった時は、いったい何が入ってたのかとびっくりしましたw 

DSCF6474スープは、さらりとした豚骨白湯塩味。 

ちゃんぽんスープのような豚骨出汁で、トナリをライトにした感じ。 

炒め野菜からの油と旨味が溶け出して、いい味わいにシフト。 

化調少々ですが、全然気になりません。 

たっぷりの野菜が旨くて、結構満足感があります。美味しい! 

DSCF6466麺は、麻生製麺の縮れ平打ち太麺。 

やや固めのゆで加減で、ゴワッとした食感。 

啜れるタイプではありません。 

ですが、野菜を絡めてワシワシといただくと、旨いっす! 

美味しく完食!野菜たっぷり摂取出来て、充実感がありますw 周りが注文してたユーリンチー炒飯とかマーボー炒飯が、ワンプレートディッシュみたいな盛り付けで、なんか旨そうでしたw ごちそうさま! 

タンメン専門店 瀧武者 (417/’15)