2015年9月22日、河辺の新店「麺や 龍世」へ。
DSCF0944

2015年9月16日オープン。店主さんは、石神秀幸氏主催の「食の道場」卒業生。食の道場出身店のうち既食店は、Noodle Maker 貴@十条、神屋@東武練馬、そうめい@京成大久保、さくららん@十条くらいですが、いずれもレベルの高い良店でした。今回も楽しみに訪問w

DSCF0983店の場所は、河辺駅北口徒歩約8分の青梅街道沿い。 

DSCF0941定刻10分過ぎの到着で、、まさかの外待ち5(*_*; 

ですが、満席というわけではなく開店が遅れてるという残念な状況。 

店頭にたくさんある開店祝い花を眺めながら、オープンを待ちます。 

DSCF0933食の道場塾長石神氏からの花発見! 

DSCF0940懸垂幕の向かって左上、見づらいですが三河屋製麺からの花。 

DSCF0932利尻島の食材業者さん?からの花も。 

DSCF0912結局20分遅れで開店。開店時、9名の待ち。 

入店すると正面には駐車場の案内。 

駐車場は店舗向かって左の月極駐車場、1・2・3番の3台分。 

で、すぐ右側の券売機で食券購入です。 
DSCF0915

DSCF0918主なメニューは、 
塩らー麺700円、 
醤油らー麺700円、 
丼(炙りチャーシュー丼)200円、他。 

塩がファーストでセカンドが醤油というスターティンググリッドw 

10月より新メニュー開始のインフォも。 

オーダーは、券売機先頭左端の「塩らー麺」で。 

券売機上にはいつ樹からの花も。 

券売機横には、店名の一文字ずつを取って作った詩?がネコのかわいいイラスト付きでディスプレイされています。いいポエムじゃないすか! 
DSCF0909

DSCF0922店内は、厨房前に奥に長い真っ直ぐなカウンター8席、手前に4人卓x1。後客6。 

厨房には店主さんと女将さんかな?女性スタッフの2名体制。 

カウンターには、ラミネート加工したらー麺の薀蓄。 
DSCF0925

DSCF0928BGMはジャズ。箸は割り箸。 

卓上調味料は、ミル入り粒黒胡椒。 

そして待つことしばし、「塩らー麺」感性でーす♪ 
DSCF0955

DSCF0963白いシンプルな切立丼で登場。 

具は、海苔、チャーシュー、ホタテペースト、メンマ、白髪ネギ、きざみ青ねぎ。 
DSCF0961

DSCF0976スープは、さらさらの清湯塩味。 

着丼した瞬間に丼から、猛烈なホタテフレーバーが立ち上ります。 

まずはスープを一口。ホタテの香味油にホタテスープと思いますが、ホタテオイルが強くて口腔いっぱいにホタテの香りが広がります。 

スタートからフィニッシュまでホタテフルスロットルで、ホタテを満喫出来る一杯。  

清湯の塩ラーメンでホタテを使うのは珍しくありませんが、ここまで全面に出してくるのはちょっとない感じ。終始帆立の貝柱を口いっぱいに頬張ってる感じで、衝撃的にめちゃくちゃ美味しい! 

DSCF0973麺は三河屋製麺製で、軽く縮れのある中細タイプ。 

三河屋の塩向けらしいソツのない麺ですが、激ウマのホタテオイルとスープが絡みまくって美味しい! 

DSCF0975チャーシューはバラ三枚肉で、肉の旨味が閉じ込められたもの。 
メンマはちょっといつ樹系の面影を感じる材木型。食べ応えあって美味。 

ホタテペーストは、マヨ多めのポテサラ的食感。 

スープがホタテFULLなので、ホタテペーストを溶かしてもあまりホタテ濃度がアップした感はありません。 

むしろホタテペーストを少しずつ麺に絡めながらいただくと、より一層ホタテを味わえてハッピーになれます! 

超激美味しくメチャ満足の完食!醤油を食べてた先客が、焦がし醤油みたいで凄く美味しいとしきりに感心してましたが、機会があれば「醤油らー麺」も是非食べてみたいです。ごちそうさま! 

麺や 龍世 (338/’15)