2015年9月5日、西大島の新店「麺 岡田屋」へ。
DSCF9501

2015年8月18日オープン。製麺所が始めた何でもありの食堂。製麺所としては大正9年創業だとか!製麺所の直営なら麺は美味しかろうと、大塚屋@市ヶ谷の後に訪問w

 

DSCF9456店の場所は、住吉・西大島・東陽町・南砂町の4点に囲まれた四角の中心近くの清洲橋通り沿い。 

どの駅からも遠いですが、西大島が若干近そうです。 

元々製麺所なので、従来通り麺の小売も可能。 

通のラーメン用麺なら1玉75円、翡翠麺なら80円だそうです。 

DSCF9480店内は、奥が厨房で調理風景は一切見えないレイアウト。 

カウンターは無くテーブル席のみ。 

4人卓x2、2人卓x3。12:10頃到着で、先客2、後客8といきなりの盛況。 

券売機は無く後会計制。 

会計時厨房が見えましたが、おじさんおばさんの3名、ホールに若い男性1名。 

主なメニューは、ラーメン500円、塩ラーメン550円、タンメン600円、もやしそば600円、カレーラーメン650円、みそラーメン650円、広東麺650円、五目そば750円、他。 
DSCF9455

焼きそば、カレーライス、チャーハン、中華丼、餃子、肉野菜炒め、レバニラ炒め、肉なすみそ炒め、そば・うどんでは、もり・かけ、ざる、たぬき、きつね、カレー南蛮、天ぷら、等々なんでもありあり。 

DSCF9482麺はもちろんですが、玉子もこだわってるそうで、玉子はビタミンE強化卵の「きみ&ぼく」w 

オーダーは、ベーシックな「ラーメン」にしました。 

DSCF9465ドアにはなぜか、東京ラーメンショー2015のポスター掲示。 

聞いたところ、麺を卸してる店が出店するわけではなく、ラーメン関係の組合から回ってきたとのこと。 

ってか、なぜが「冷し中華」のボスターを挟んむ様に某ロゴみたいなレイアウト!?(^_^;) 

DSCF9463BGMはテレビ放送。 

箸は洗い箸でエコ対応。 

卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、白胡椒、黒胡椒、七味唐辛子、塩。 

そして待つことしばし、「ラーメン」完成でーす♪ 
DSCF9471

DSCF9478白いシンプルな反高台丼で登場。 

具は、海苔、メンマ、なると、ゆで玉子半個、チャーシュー、ワカメ、きざみネギ。ワンコインとは思えないほど他種類のトッピング入り。 
DSCF9476

DSCF9488スープはさらさらの清湯醤油味。 

鶏ガラ魚介のノスタルジックな味わい。 

懐かしの東京醤油ラーメンとか、そんな感じというよりも昭和の屋台そのまんまの味。 

人情味溢れる下町ならではの味って感じで、美味しい! 

DSCF9487岡田屋製麺直営直卸の麺は、細縮れ麺。 

レトロ醤油ラーメンにはこれでしょうってな感じの頼りなさ気な柔麺ですが、それがまたいい雰囲気を醸してます。 

いいんじゃないですか~w 

具では、海苔がラーメン専用ではなく、普通の焼き海苔を切ったと思われるもの。 

しばらくすると海苔がどんどんスープに溶け出します^^; 

ワカメも細片がいっぱいって感jで、速攻食べないと気づけば丼いっぱいにわかめ片が^^; チャーシューは出汁殻的で噛み切るのに超硬いですが、噛めば噛むほど味が出ますw 

美味しく完食!「カレーラーメン」とか、頼めばやってくれそうな「天ぷらラーメン」とか、いろいろ楽しめそうですw ごちそうさま! 

麺 岡田屋 (319/’15)