2015年9月5日、市ヶ谷の新店「大塚屋」へ。
DSCF9447

2015年9月4日オープン。市ヶ谷本店高田馬場店御茶ノ水店とあった「麺処 くるり」が8月31日で全店閉店。市ヶ谷本店のみ屋号を「大塚屋」に変更して再スタート。公式tuitterによると、リニューアル後は初心に帰り、店主自ら厨房に立ち、仕込みも調理も全て担当するとか。大塚店主が作る一杯がいただけるならと、行ってみることに。

DSCF9407定刻10分前到着、一番海苔~w 

後客パラパラと、開店時は10人程の行列。その後も常時10人程度の待ちで推移。 

ここで「くるり」の復習w オープンは、2003年10月27日。 

どろどろ系味噌ラーメンのパイオニア的存在。 

日テレで2003年2月3日放送の「本当に美味しいラーメンベスト30」で1位を獲得。影響で、行列がハンパないことに! 

一時は高円寺らーめん横丁にも出店していました。 

お茶の水店は、店主の弟さんが担当していたはずです。 

市ヶ谷本店、最終日は60人以上の行列を形成したとか。 

あっという間の再開という感じですが、それでも休業期間は中3日あります。 

定刻に開店。入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF9412

DSCF9408主なメニューは、辛味噌ラーメン750円、辛味噌つけそば800円、豚味噌丼250円、他。 

味噌ラーメン専門店から、辛味噌ラーメンのお店へとリニューアル。 

オーダーは、「辛味噌ラーメン」で。 

券売機上には、「くるり」閉店のお知らせ掲示。 
DSCF9411

DSCF9413店内は、L字型カウンター6席。 

背後霊方式に中待ち5名。 

厨房には店主さん?少しがっちり系に進化?(^_^;) 丼に湯を張って温める、丁寧な作業が印象的。

接客担当スタッフ1の2名体制。 

BGMはポップス。箸は洗い箸でエコ対応。 

卓上調味料は一味唐辛子、S&Bカレーパウダー・ブラックペッパー・サンショーパウダー。 

そして待つことしばし、「辛味噌ラーメン」完成でーす♪ 
DSCF9420

DSCF9433丼は以前と同じ、黒いすり鉢タイプ。 

具は、白髪ネギ、炒めもやし・ニラ・玉ねぎ・刻みニンニク、チャーシュー。 
DSCF9429

以前食べた「辛味噌ラーメン」は辛味噌がトッピングされていて、自分で溶かすタイプでしたが、今度のは最初から辛く調合されています。 

DSCF9444スープは、ソースと見紛うほどのドロドロなクリーミータイプ。 

以前から凄いドロ系でしたが、一段と粘度が上がった感じ。

やや甘めの赤味噌がベースになってる様で、スープに辛味が溶かし込まれています。 

辛さはピリ辛レベルで、辛いのがあまり得意でない方でも大丈夫そうです。  

ただ、刻みニンニクがたっぷり使われていて、後半丼の底から粒状のニンニク片がザクザクと出てきます。思いっきりニンニキーな味わいで、食後はブレスケア必須です^^; ニンニクガッツリパンチのあるパワフルな一杯で、美味しい! 

DSCF9438麺は平打の太ストレート。 

以前は三河屋製麺でしたが、リニューアル後も食感は同じで、多分同じかと(未確認)。 

コシともちもち感が強くて、旨いです。 

DSCF9440チャーシューは、バラの薄切りが2枚。 

サイズは大きめですが、6割型脂身で苦手な方も居そう。 

美味しく完食!「辛味噌つけそば」も気になります。また、高田馬場店・お茶の水店のリニューアルオープンがあるかどうか不明ですが、再開を待ち望むファンも多いと思います。リニューアル頑張って下さい!ごちそうさま! 

大塚屋 (318/’15)