2015年8月11日、木場の新店「麺屋 じねん」へ。
DSCF6789

2015年8月8日オープン。食後ですが店名の由来を聞いたところ、店主さんによると、「自然が大好きで、『自然』の読みを変えて店名にしました」だそうです!

DSCF6734店の場所は、木場駅1番出口より徒歩約5分。 

「麺徳 東陽町店」の並びで。駅から向かうと「麺徳」の100m程先。 

DSCF6783入口脇に、三河屋製麺の麺箱。 

DSCF6736入口前に、「空調の効きが悪く天寧暑くなっております。熱くてすいません。」のお断りあり。 

まあ、わかってて入る方が、知らずに入店して後悔するより印象はいいかと(^_^;) 

DSCF6785営業時間情報。 

定休日を確認したところ、まだ未定・不定休だそうです。 

オープンしたばかりなので当面無休、お盆休み返上で頑張るとか。 

ただし、8月13日(木)は、暑すぎる店内の改善のために空調工事を行うそうで、その日だけ1日休みだそうです。 

DSCF6749店内は、うなぎの寝床のように奥に長いレイアウト。 

厨房前に真っ直ぐなカウンター11席。 

「奥の方が比較的涼しくなっております。」とのアナウンスに従い奥へ。 

夜の部一番海苔~w 後客1。 

セルフのお冷、ピッチャーの中身は冷茶。  


券売機は無く後会計制。 
DSCF6740
主なメニューは、らーめん650円、かけらーめん500円、ちゃんぽん麺800円、辣醤麺750円、坦坦麺800円、赤ちゃんぽん麺800円、辛飯・角煮丼・魯肉飯・チャーシュー丼・豚足丼 各400円、炒飯500円、キムチ炒飯600円、海鮮炒飯700円、ラーメン+丼セット・ラーメン+茶飯セット 各900円、他。 

オーダーは、「お品書き」先頭の「らーめん」にしました。 
DSCF6743
「お品書き」裏は、「”奥久慈しゃも”使用」のインフォ。何故か、間違い探しになってるのが不思議w 

DSCF6751スタッフは、調理担当が高倉健さん的雰囲気の方、どうやら料理長的ロール。

若くてとても元気で愛想の良い方が代表(店主)さん? 

質問の回答は、すべてその若い方から。 

そして、おばさんの3名体制。 ✳︎追記 しらけんさんによると、家族経営だそうです。

修行先を聞いたところ、「うちのシェフは長年いろいろとやってきてますから」と軽くいなされました^^; 

BGMはJ-Pop、いきものがかりとか。 

箸は割り箸。卓上調味料は、GABANのブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「らーめん」完成でーす♪ 
DSCF6759

DSCF6770口径の大きい白い麺鉢で登場。 

大きな丼にたっぷりのスープ。そこにゆったりと泳ぐ麺、いいですね~w 

具は、味玉半個、メンマ、チャーシュー、きざみねぎ。 
DSCF6765

DSCF6778スープはさらさらの清湯醤油味。 

シンプルですっきりとした、実に分かり易い鶏がら醤油。 

昔ながらの醤油ラーメンを注意深く丁寧に丹念に作った、そんな味わい。 

油感はごく控えめながら、鶏出汁がしっかり出てるのと、タレが立ち気味なのが、すこしだけ今風かも。 

ちょっと懐かしい醤油らーめんな感じで美味しい! 

DSCF6776麺は、三河屋製麺の中細縮れタイプ。

ツルシコの心地良い食感。あっさりとしたスープとの相性もよく美味しい! 

具もそつ無くまとめられていて、いい感じ。 

味玉だけちょっと味染み過ぎな感じで、少しだけしょっぱかったかも^^; 

美味しく完食!「辣醤麺」・「坦坦麺」辺りが気になります!ごちそうさま! 

麺屋 じねん (283/’15) 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック