2015年7月17日、市ヶ谷の「麺や 庄の」へ。
DSCF4078

先日「油専門GACHI」で限定「冷やっと辛い!油そば」をいただきましたが、その時に「庄の」グループの夏季限定調べてて、こちらの鰻の創作麺「うなとろ丼」が気になっちゃいましたw 実は2年前にもこちらの「うなとろ重」をいただいていて結構良かった印象。って事で、久々にウナギメンを味わいにw

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF4020  

DSCF4024「庄の」本店に来るのは、やはり一昨年のうなぎ以来でした^^; 

久々なので、メニューもパチリw 

DSCF4014訪問時提供中の創作麺は、「鰹の冷汁つけめん」・「うなとろ重」の2種類。 

券売機ボタンは、先頭左端というゴールデンポジションw 

DSCF4071「今月の創作麺」980円のボタンをポチって、スタッフに、「鰹の冷汁つけめん」か、「うなとろ重」のどちらかを伝える方式。 

もちろん「うなとろ重」をチョイス。 

ちなみに、庄のグループの2015夏季限定は、本店では7月20日より販売開始。 

本店のラインアップは、「冷やしらーめん」・「冷やっと辛い!鶏つけめん」・「・冷たいトウモロコシのつけめん」の3品。 

DSCF4016月・火限定「唐辛子中華そば」ってのもありました。 

トウガラシストとしては気になる~w 

DSCF402613:00頃入店で、空き席2。 

その後中待ち5~6名と時間がずれても待ちが発生しちゃって、さすがの人気っぷり! 

スタッフは男性4名。 

庄野店主は、8月末オープン予定の「MENSHO TOKYOサンフランシスコ店」準備で渡米中。 

BGMはポップス。 

DSCF4029そして待つことしばし、「うなとろ重」完成でーす♪ 

DSCF40332段重ねのお重で、気分はまんま「うな重」w 

ワタシは見てませんが、「うなとろ重」は、日テレ「ぶらり途中下車の旅」で紹介されたそうです。 

全体を展開するとこんな感じ。 
DSCF4034

DSCF4052ぱっと見は、うな重にしか見えないという^^; 

1つ目の重箱には、麺の上にきざみ海苔、その上にうなぎの蒲焼。 
DSCF4044

DSCF40462つ目の重箱には、デザートのオレンジにしか見えなかった味玉2/4個、コーン状に巻かれたチャーシュー、れんげの上にはとろろ、ゆかりソース和えの穂先メンマ。 

DSCF4059麺は中太ストレート。 

熱盛りでソフトな食感。 

うなぎはふんわり柔らかく、タレが沁みてて美味しい! 

ふわっと柔らかいうなぎと、ふかふかな麺は食感も合っていて、意外と違和感はありません。 

ただ、蒲焼のタレが結構甘くて、山椒が惜しくなります。 

微量かかってるみたいですが、好みで振りかけられるように、別途山椒プリーズ^^; 

DSCF4065途中でとろろを加えてうなトロ重に。精が付きそうですw 

ただ、とろろが少量過ぎて、あまり味変効果はあまり感じられず。 

DSCF4067

ゆかり和えの穂先メンマも、面白いのですがまあ手が込んでる割には、っていう感じ。 

チャーシューは7割、冷たくて固くて噛みきれず。 

何より、2013版はライスが付いてましたが、今回はライス無し。 

うなぎだと、やっぱりどうしてもご飯が欲しくなっちゃうんですよねー! 

2段目の具を減らしてプチライスを入れるとかした方が、みんなに喜ばれそうです。 

完食!毎年恒例の創作って、どうしても前作と比べられちゃうんで難しいですよね~^^; 頑張って下さい!ごちそうさま! 

麺や 庄の (245/’15)