2015年6月30日、永福町の新店「Bonito Soup Noodle RAIK」へ。
DSCF2350

2015年6月28日オープン。いつもながら超激詳しい九龍さん登録の情報によると、店主さんは「京鰹節つけ麺 愛宕 ATAGO」出身との事。また、JIGENJI@下井草の店主と同い年で同期とか。他にも気になる点いろいろで、早々に訪問w

DSCF2338店の場所は、永福町駅徒歩約850m、方南町駅約1km、の方南通り沿い。  

並びには、狸小路、草むら。 

らーめん中村の跡地。 



DSCF2331店頭には開店祝花いっぱい。 

既に近所の方に花をあらかた配った後みたいで、少し可愛そうな感じになっちゃってますけど^^; 

一番でっかい花は、ながれぼし@京急蒲田の船長から。 

DSCF2332そして 、菅野製麺から。 

DSCF2325同期のJIGENJIからの花もありました。 

入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF2288  

DSCF2298

主なメニューは、 
鰹x鶏RAIKらー麺900円、 
鰹x豚RAIKらー麺900円(訪問時X表示)、 
鰹x鶏RAIKつけ麺(並・中)950円、 
鰹x豚RAIKつけ麺(並・中)950円、 
鰹x鶏らー麺740円、 
鰹x豚らー麺740円(訪問時X表示)、 
鰹x鶏つけ麺780円、 
鰹x豚つけ麺780円(訪問時X表示)、他。 

「鰹x鶏」があっさりで細麺、「鰹x豚」がこってりで太麺。 

つけ麺は、並200g・大300g同料金。 

オーダーは、「鰹x鶏らー麺」にしました。 

DSCF2328店内は、厨房前に少しくの字型になったカウンター6席。 

ただし6人座ると結構キツそう^^; 

18:30頃入店で、先客1、後客6! 

厨房には店主さん、一人体制かと思いきや、少しして女性スタッフの方、雰囲気的に多分女将さん、登場! 

店主さん、物腰柔らかく凄く丁寧な接客、パッと花開いたような笑顔がカッコイイっすw 


DSCF2293食後ですが、屋号の由来を聞いちゃいましたw 

「Bonito」は、もちろん「カツオ」ですね。 

「RAIK」ですが、「好き」の「Like」をもじった造語とか。 

たくさんの方に末永く好まれる(愛される)店になるようにとの、想いが込められているそうです! 

BGMは、サイケな環境ミュージック的な。 

箸は割り箸。 

卓上調味料は、ブラックペッパー、一味唐辛子。 

そして待つことしばし、「鰹x鶏らー麺」完成でーす♪ 
DSCF2299

DSCF2310白い、高台丼と切立丼と八角丼の合いの子のような丼で登場。 

具は、海苔、穂先メンマ、カイワレ、白髪葱、チャーシュー2種、そして粒粒は揚げネギ? 
DSCF2305

DSCF2320スープはさらりとした清湯醤油味。無化調だそうです。 

「鰹x鶏らー麺」ですが、鰹や鶏の明確な主張はなく、日本蕎麦の出汁のように、あっさりながら奥深い和風な味わい。 

甘めのカエシが大変にコクがあって、得も言われぬ味わいを演出。 

甘めのスープは苦手なことが多いですが、今回はナチュラルな甘さがどこまでも優しい旨味に転化。 

なんとも惹きの強い、どこまでもいつまでも後引く味わいで、素直にほんと美味しい! 

DSCF2316麺は、三河屋製麺製のストレート中細タイプ。 

低加水で硬質な仕上げの麺は、淡麗清湯スープに定番の組み合わせですが、さっくりとした食感はやはりなんとも心地よいもの。 

ライ麦配合故か香りも素晴らしく、色味とも相まって麺もまるで上質な蕎麦のよう。 

出汁の方向性ははまるで違いますが、どことなく絶頂期の一二三@吉祥寺にも似た風情があります。 

もちろん、素晴らしく美味しい! 



見事なクオリティで美味しく完食汁完!「鰹x豚」シリーズも気になります。ごちそうさま! 

Bonito Soup Noodle RAIK (223/’15)