2015年6月24日、北千住の新店「博多らーめん 濱田屋 北千住店」へ。
DSCF1740

2015年6月16日オープン。肉玉そば おとどグループが手がける博多ラーメン専門店。1号店は東陽町の「長浜ラーメン まるむら」。こちらは1号店とは屋号が異なりますが、2号店の扱い。東陽町の店は未食ですが、東陽町もオープンしたてのこちらも評判は上々。なんで、行ってみることにw

DSCF1678店の場所は、北千住駅西口出て、ガード沿いを左へ。 

「千住の永見」を過ぎた角の狭い路地を右へ。 

すぐ右側に店があります。 

ガード沿いから外れた路地は、まさかこんな狭い路地に見せないだろ!?って位入口が狭いです。

一応角に控えめに看板が立ってますが、まったく目立ちません^^; 

DSCF1683しかも、 路地の入口からは、店が見えないという(^_^;) 

一応上を見上げると、高い位置に袖看板が見えます。 

DSCF1749路地進んでいくと、通路が少し広くなってそこに店があります。 

近くまで来ると、「食べログBEST RAMEN2014」のデカイ看板が否応なく目立ちますw 

DSCF1746そうそう!1枚目画像にも写ってますが、建物の間ににゃんこが居てお出迎え・見送りしてくれます! 

ナチュラル招き猫~(=^・^=) 

入店前に、まず店外店頭券売機で食券購入です。 
DSCF1687  

DSCF1681主なメニューは、 
ラーメン680円、 
辛ラーメン700円(訪問時x表示)、 
替玉100円、 
半替玉70円、 
他。 

DSCF1748券売機に立てかけてある木札は、「豊華食品特選小麦粉使用麺」。 

オーダーは、ベーシックメニューで「伝統の味」という「ラーメン」にしました。 

DSCF1691食券を渡すと、麺の硬さを聞かれます。 

硬さは、生(粉落とし)・ハリガネ・バリカタ・かた麺・ふつう・やわ麺から指定可能。 

バリカタで。 

DSCF1698店内は、カウンター5席、4人卓3。 

18:20頃入店で、先客2後客2。 

スタッフは5名、ちょうどシフトの交代時間かな!? 

店内掲示物いろいろ。博多の特産品にこだわった一品料理・おつまみがいっぱい!「おとど餃子」は開化楼とのコラボ作品で、肉汁祭2014/2015で2年連続優勝とか!? 
DSCF1694

DSCF1692「濱田屋のこだわり」

厨房の暖簾には「伝統の味」 
DSCF1703

DSCF1697BGMはジャズ。 

箸は洗い箸でエコ対応。 

卓上調味料は、ラーメンのタレ(替玉用)、ラー油、酢、醤油、S&Bホワイトペッパー、辛子高菜、紅生姜、炒り胡麻。

高菜常備ってのが、素晴らしい! 

そして待つことしばし、「伝統の味 ラーメン」完成でーす♪ 
DSCF1709

DSCF1717白濁豚骨すーぷが映える 漆黒の丼で登場。 

ちなみにメニュー画像では、こちらの器はすべて黒一色のようです。 

具は、きくらげ、チャーシュー、博多万能ねぎ。 
DSCF1720

DSCF1727スープは、「純天然とんこつ100%」という白濁した豚骨。 

豚骨の臭みや癖が皆無で、そういった意味では本場博多の味とはちょっと違うかも!? 

ですが、濃厚なのに後味すっきりとした味わいは東京ナイズで洗練されてると思いますが、やはり美味しい! 

ワンコインで替玉無料な豚骨ラーメンもありますが、個人的にこちらをチョイスかもw 

DSCF1721豊華食品の麺はストレート細麺。 

博多ラーメンならもうちょい細くてもいいかも。 

また、バリカタならもう少し固めでもいいかも。 

とは言いつつ、これで十分美味しいですが^^;  

美味しく完食!博多料理で一杯ってのもイイかもですね~!ごちそうさま! 

博多らーめん 濱田屋 北千住店 (214/’15)