2015年6月17日、駒込の新店「麺処 きなり」へ。
DSCF1030

2015年6月16日オープン。店主さんの奥様のお友達のブログによると、店主さんは「銀座の有名ラーメン店で修行を積んだ」方だそうです。それは気になると、プライオリティを上げて訪問w

店の場所は、逸九MOJAと入れ替わった跡地。店頭には手描きの地図付きチラシが、ぶら下げてあります。 
DSCF1042

DSCF1032店頭開店祝い花は、三河屋製麺から。 

厨房にも三河屋製麺の麺箱がありました。 
  
DSCF1037営業時間11:30~14:30 17:30~22:00 日曜定休。 

DSCF1043入口ドアには、店内奥券売機ありの手書き絵掲示。 

先ほどの地図と言い、店主さんはラーメンの腕だけじゃなく絵も上手いw 



上記絵に従い、入店すると店内最奥まで進んで、券売機で食券購入です。 
DSCF1047

主なメニューは、醤油そば750円、潮そば750円、炊き込み飯150円、他。 
DSCF1045

メニューにそれぞれの食材が記載してあって、「醤油そば」は、白醤油 鶏 煮干 豚肩ロース しなちく ねぎ 三つ葉 のり。 
「汐そば」は、岩塩 サフラン 煮干(片口 平子 鯵) 豚肩ロース  たけのこ ねぎ かいわれ 胡瓜。 

店内は、基本的なレイアウトは以前と変わりませんが、壁やカウンターなど綺麗に塗り替えられていてリフォーム済み。これまでの居酒屋チックな内装から一転、割烹的な雰囲気に生まれ変わっています。 

DSCF1052席は、厨房を囲むL字型カウンター8席、奥に4人卓x1。 

18:20頃入店で、先客3、後客1。 

厨房に店主さん、一人で店を切り盛り。 

食後ですが、修行先を確認。ですが。前のお店のオーナーさんとの約束で、出身先は明かせないそうです。まあ、しかたないですね^^; 

BGMはポップス。箸は割り箸。 

卓上調味料は、胡椒、美濃 有機玄米酢。なるほどねぇ~w 


そして待つことしばし、「醤油そば」完成でーす♪ 
DSCF1057

DSCF1070和食器風の風雅な器で登場。 

具は、海苔、三つ葉、メンマ、チャーシュー。 
DSCF1063

DSCF1081スープは、さらさらの清湯醤油味。 

淡麗清湯醤油味ですが、最近トレンディな醤油タレがキリリと立って鶏油がビシッと決まった、キレッキレなタイプとは別物。 

鶏のまろやかな出汁にほのかに煮干が香って、白醤油が全体をふんわりとまとめています。 

じんわりしみじみ沁みる滋味系で、個人的には大好きな味わい。 

とっても美味しい! 

DSCF1073麺は、三河屋製麺の中細ストレート。 

麺も固めパツパツではなく、程よいゆで加減で、円熟味のあるスープと良く合っています。 

美味しい! 

低温調理のチャーシューも、しっとり柔らかで旨味溢れる味わいです。 

美味しく完食満足の汁完。「汐そば」も食べに来なくちゃ!ごちそうさま! 

麺処 きなり (206/’15) 
東京都北区西ヶ原1-1-15