2015年3月20日、本日オープンの新店?「滝野川大勝軒」へ。DSCF1274

飯野さん率いる「東池袋大勝軒」・「南池袋大勝軒」の姉妹店で、北区滝野川にあった「滝野川大勝軒」が、池袋に移転オープン。

この日は幡ケ谷に行きたかったのですが、遅くまで仕事の予定があり諦めモード。仕事の移動中、経路上にある池袋で途中下車して、とりあえず遅めのランチを摂ることに(^_^;)

滝野川大勝軒は、15年以上前に何度か訪れてます。1度はもりそばの麺がゆで置きだったり、次は前客が丼をカウンター上にあげた後に着席したら、「XXX円です」って言われたこともありました(笑)それでも旨かったなぁ~!今となっては懐かしい思い出w 

移転先の場所は、やはりグループ店だった池麺KING KONGの跡地。池麺KING KONGのオープンまでに密着取材したドキュメンタリー番組で、山岸マスターが試作の一杯に何度もダメ出しするのに対して、飯野さんが懸命に改良する姿がとても印象的でした!閉店とは残念(´・ω・`) 

とりま、入店するとまず券売機で食券購入です。 
DSCF1212  

主なメニューは、もりそば800円、もり野菜1050円、もりカレー900円、ラーメン800円、極辛そば850円、他。到着するまで「もりカレー」モードだったのですが、券売機で未食の「極辛そば」を発見!ネーミングに惹かれて、思わずポチっちゃいました(^^; 

DSCF1267店内はL字型カウンター+厨房前のストレートカウンターで、計14席。 

18:30頃入店で先客4、後客8. 

厨房には男性スタッフ3。飯野さんはいらっしゃいませんでした。 

とても人当たりが良くて、見るからにリーダーっぽい方が、高橋店長かな? 

券売機反対側の壁には、KINGKONGの麺箱。 

DSCF1220BGMは無し。 

箸は割り箸。 

卓上調味料はS&Bコショー、ラー油、一味唐辛子、酢、GABANブラックペッパー、豆板醤。 

マヨネーズの容器のような物の中身は、おろしにんにく? 

そして待つことしばし、「極辛そば」完成でーす♪ 
DSCF1232

DSCF1236「極辛そば」は中盛限定で、小盛りや大盛りも不可だそうです。 

全体のバランスを考えた上での措置とか。 

具は、きざみネギ、辛肉味噌、以上!^^; ラーメンに付くチャーシューもメンマもナルトも海苔も玉子もな~んも無しという(^_^;) 
DSCF1242

DSCF1245店長さん?が、「ちょっと具の種類が少なくて申し訳ない!ホントはもっと具を載せてあげたいけど、これで出すって決まってるから」って申し訳無さそうに(^O^;) 

DSCF1263スープは、さらさらの清湯醤油味。 

ですが、デフォのラーメンスープとは少しチューニングが異なる気がしました。 

なんというかレギュラーのラーメンよりあっさり・さっぱり目。 

その分辛い炒め挽き肉がどっさり入っていて、旨辛仕立て。 

辛さ自体はそれ程でもないですが、ツンと来る刺激の強さがあり、不用意にいただくと結構むせます^^; 


辛肉の半分は丼の底に、残り半分がトッピングとのことで、スープ全体が見る見る赤く染まっていきます。担々麺の胡麻抜き的な感覚で、美味しい! 

DSCF1256麺は、断面が四角いストレートの太麺。 

麺量は中盛りですがたっぷり300gはありそう。 

表面にざらついた感じで独特な風味があり、あれ東池大勝軒の麺てこんな感じだっけ?ていう感じ^^; 

まあ美味しいことは美味しいし、移転当日なんで本調子ではないのかも知れません。 



美味しく完食!店長さん「お粗末様でした。美味しいの作るんでまた是非食べに来て下さい!」ってw そうっすね!次こそは「もりカレー」で!ごちそうさま! 

滝野川大勝軒 (91/’15)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック