2015年3月7日、西川口の新店「麺処 有彩 (ありさ)」へ。
DSCF0108

2015年2月18日オープン。店主さんは、中華そば 椿麺処 ほん田麺屋 藤しろなどで修行積まれたそうです。複数の修行先のうち、屋号の冠に採用したのは「麺処」。ずっと気になっていましたがなかなかチャンスが無く、今回ようやくしらけんさんと一緒に訪問w

DSCF0041店の場所は、西川口西口徒歩2分。 

「たつみそば」の跡地。 

DSCF0043自家製麺の蕎麦屋さんの後に、やはり自家製麺のラーメン屋さんが入居という^^; 

ってか、看板矢印の向きが逆ですが。 

DSCF0037定刻5分前に到着、一番海苔~w 

DSCF0030ほどなくしらけんさんも到着。 

情報交換しながら開店を待ちます。 

定刻に開店!入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF0048

DSCF0028麺メニューは、 
あっさりが、 
鶏だし醤油らぁめん680円、 
魚介鶏だし塩らぁめん700円、 
こってりが 
豚骨鶏魚介らぁめん700円、 
豚骨鶏魚介つけめん700円。 




DSCF0029麺量は、 
らぁめんが並盛り150g、中盛り200g、大盛り300g、 
つけめんが並盛リ200g、中盛り300g、大盛り400g。 


DSCF0039中盛りまで無料と、自家製麺のメリットを活かしたプライシング。 

特に、つけめんが700円とは、だいぶ安い気がします。 

オーダーは、あっさりとこってりの醤油らぁめんをシェア。ですが、後から来たお客さんがオススメを聞いたところ、店主さん「私はあっさりの塩が好きです」とか(^O^;) 
DSCF0033

DSCF0104店内は、厨房前にカウンター4席、4人卓x1、壁に向かったカウンター2席。 

後客6と、開店直後から続々来客。 

厨房に店主さん、一人で店を切り盛り。 

奥に細長いレイアウトですが、2人卓とかまだまだ増やせそうです。 

ただ、一人だとこのくらいが限界でしょうね。

客席に向かう途中の通路、厨房の入口から製麺機が見えます。 

小麦粉は、なかなか入手が難しいとされる日清製粉の特ナンバーワン。 

DSCF0049BGMはラジオ。 

箸は洗い箸でエコ対応。 

卓上調味料は、一味唐辛子、GABANブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「鶏だし醤油らぁめん (並)」完成でーす♪ 
DSCF0056

DSCF0081白い飽きの来ないシンプルなデザインの高台丼で登場。 

具は、海苔、白髪ネギ、青菜、メンマ、チャーシューは低温調理のピンキータイプ、揚げ玉ねぎ。 
DSCF0082

DSCF0093スープはさらさらの清湯醤油味。 

鶏だしということですが、一口目から、幾重にも重ねられた複雑で深い旨みが炸裂! 

この味わいは、まさにほん田譲りですね~! 

何とも言えず理屈抜きに、惚れ惚れと美味し! 

DSCF0089麺は中細ストレート。 

しなやかで啜り心地の良い麺で、風味も抜群。 

味わい深いスープと相まって美味しい!

こちらは、シェアした「豚骨鶏魚介らぁめん (並)」。 
DSCF0065

DSCF0075あっさりの白い器とは対照的な、黒い鳴門丼で登場。 

具は、あっさりと同一。 
DSCF0070

DSCF0098スープは、少しとろみのある白湯醤油味。 

豚骨鶏魚介スープとのことですが、魚介の効かせ方が特徴的で、これまた風味がいいですね~! 

やや塩角が立った印象ですが、こちらも非常にハイレベル。 

素直に美味しい! 

DSCF0103麺は、あっさりとは異なるストレート中太タイプ。 

ぽくぽくした食感が楽しく、こってりスープを受け止めて旨いっす! 

美味しく完食!この味が認知されれば、早晩行列店になることは確実かと!凄く旨いので、今回食べてないあっさりの塩とつけめんも試してみたいです。ごちそうさま! 

麺処 有彩 (73/’15)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック