2015年2月5日、赤坂見附の新店「AJIYOSHI 1954」へ。
DSCF7784

2015年2月3日オープン。幸楽苑の新業態店。

幸楽苑と言えば、昨年11月末に税別290円ラーメン販売中止のニュースが流れて、吉野家、松屋など大手外食チェーンが相次いで値上げする中での発表に、一時話題となりました。実際は、290円ラーメンの中止は試験的に一部店舗のみというで、それが大きく報じられただけとか。

でで、まさにその高価格路線実験店舗が赤坂見附に出現。って事で、早速リサーチに訪問w

DSCF7775店の場所は、「幸楽苑 赤坂店」の跡地。 

っていうか、「幸楽苑 赤坂店」からのリニューアル。 

店名「AJIYOSHI 1954」の「AJIYOSHI」は、幸楽苑の前進「味よし食堂」から。 

「1954」年は、「味よし食堂」が福島県会津若松市に創業した年(昭和29年)。 

って事で、この屋号には、実に様々な想いが込められているようです。 

DSCF7778この「AJIYOSHI 1954」は、なんと「300日だけのらーめん屋」。 

オープン日は2月5日ですが、店頭懸垂幕には、「2015年11月30日 閉店」と書かれています。 

こんなん初めて(^_^;) 

DSCF7719店内は、席いっぱい^^; 

19:10頃入店で、先客6、後客6くらい。 

スタッフは3名位しか見えませんでした。 

客席からはスタッフが極力見えない位置に居て、呼び鈴プッシュや来店・退店時にすっと現れるような、そんなスタイルのようです。 

券売機は無くメニューを見て注文、伝票方式食後レジにて会計制。 
DSCF7715

DSCF7782主なメニューは、 
醤油らーめん810円、 
豚骨らーめん850円、 
味噌野菜らーめん850円、 
セット(石焼チャーシューご飯 Or 石焼豚キムチご飯)+140円、 
他。 



DSCF7709醤油らーめんがなんと810円! 

幸楽苑だと税込み313円なので、倍以上! 

赤坂見附とは言え、近隣のラーメン点と比べても高めの価格設定。 

DSCF7716オーダーは、FBで「寒い季節にピッタリ」、「AJIYOSHI1954の一押しメニュー」と紹介されていた「味噌野菜らーめん」にしました。 

DSCF7706BGMはJAZZ。 

箸は割り箸。 

卓上調味料は一味唐辛子。 

そして待つことしばし、「味噌野菜らーめん」完成でーす♪ 
DSCF7723

DSCF7736半円形のトレーに載って登場。 

DSCF7733小皿に「辛味噌」付いてきます。 

自分の好きなタイミングで投入できるので、別皿提供は嬉しいかも。 

具は、炒め野菜(モヤシ、ニンジン、ニラ、きくらげ、キャベツ、豚肉、ネギ、他)。 
DSCF7738

メニュー説明によると、「野菜ペーストを練り込んだ特製味噌ダレを使用。香ばしく炒めた野菜と旨みたっぷりのスープ、コシの強い太麺との相性は抜群」とか。 

DSCF7748スープは、さらさらの動物性ベースの味噌味。 

まろやかな味噌スープで、ほっとする優しい味わい。 

ただ、味噌ダレかスープか、かなり旨味が強め。 

野菜炒めがシャキシャキで、これは美味しい! 

炒めた野菜から出る甘味とエキスとが、スープにコクと深みをプラス。 

炒め野菜との合わせ技で、美味しくいただけます。 

DSCF7741麺は、ほぼストレート中太タイプ。 

デフォでやや柔めのゆで加減で、もう少し固めでもいいかも。 

個人的には、たっぷり野菜と味噌スープに対してはやや麺が弱いような気がします。 

まあ、これくらいの方が年令を問わず食べ易いとは思います。 

DSCF7750途中で小皿の「辛味噌」を投入。 

全然辛く無いっす(^^ゞ 

なので、卓上の一味唐辛子をふりふりフリフリして辛味補強w 

別注だと410円となる「石焼XXご飯」が、セットだと140円って事で、思わず「石焼豚キムチご飯」を追加オーダーw 
DSCF7757

DSCF7764チンチンに熱せられた石鍋にご飯と具が入って、石焼きビビンバ状態で登場。

そのままでジュージュー焼ける音がして、食欲をソソります。 

テーブルに置いて、目の前でタレをかけて、さらにジュワッと言わせて、湯気を立ち上らせて完成。

卓上パフォーマンスの演出もバッチリw 

具は、キムチ、豚肉、ごぼう、ネギ。DSCF7766 

DSCF7768

「豚キムチ」としての完成品がトッピングされてくるわけではなく、熱々の石鍋で自分で焼いて調理後完成させるススタイル。 

頑張って混ぜますが、チンチンの鍋にご飯が張り付いてなかなか剥がれず、石鍋が小さくて軽くて、混ぜようとすると台の上でクルクル回るのが難。 

うっかり石鍋を手でさわろうものなら、アッチチと火傷必至^^; 


なんとか混ぜると、おこげが美味しい!ただ、ご飯に対してタレとキムチが少ないため、味があまりしません。キムチも甘すぎて、ちょっと残念。 

DSCF7772〆には石鍋にらーめんスープを投入して、石焼雑炊にw 

これはヒットな旨さ! 

かなり時間が経つのに石鍋は熱々で、底の方は再沸騰したスープと超アツアツのご飯が楽しめます! 

雑炊にして結局完食汁完!単品のらーめんだと割高感が目立ちますが、石焼ご飯セットだとそれなりに満足出来ます。次回は、清湯トリプルスープという「醤油らーめん」狙いで。ごちそうさま! 

AJIYOSHI 1954 (39/’15)