2015年1月15日大安、本日亀有にオープンした新店「麺屋 ぶち」へ。
DSCF6341 
「山口県下松市」発祥の牛骨しょうゆラーメンを提供する店。「牛骨下松ラーメン」としては東京初出店とか。

地方から都内に出店した牛骨ラーメン店としては、「牛骨ラーメン 香味徳」や「ごっつおらーめん」(閉店)など鳥取勢がありましたが、鳥取以外のご当地牛骨ラーメンは確かに初かな!?かなり気になって、雨の中訪問^^;

DSCF6347店の場所は、亀有駅徒歩約5分。 

環七の少し内側。 

「餃子のはまなす」の跡地。 

オープン秘話を収録した動画によると、オーナーと特に店主さんは、コッペパンヲタのようですwww 

オープン日の1月15日~17日まで、「牛骨ラーメン 小」通常価格680円→ワンコイン(500円)で提供! 

店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席、奥にテーブルが、4人卓x1、2人卓x2。 

カウンター席は、後ろの通路が狭く、人が通るとぶつかったりシます。 

18:20頃入店で、先客5、後客なし。 

スッタフは、男性スタッフ3名。 

動画ではおちゃらけてた店主さんも、営業中は実に真面目w 

券売機は無く、後会計制。 



主なメニューは、牛骨ラーメン 小(1玉)680円、中(1.5玉)780円、大(2玉)880円、稲荷ずし(2ケ入り)150円、チャーシュー丼350円、他。 
DSCF6314
セール中の「牛骨ラーメン 小」をオススメされて、それではそれでと^^; 店名の「ぶち」は、「ぶちうまい!」からなのですね~!w 

DSCF6316BGMは80年台歌謡曲、聖子ちゃんの夏の扉とか、水谷豊のカリフォルニア・コネクションとかw 

箸は割り箸。 

卓上調味料は、一味唐辛子。ミル入りブラックペッパー、おろしニンニク。



そして待つことしばし、「牛骨ラーメン 小」完成でーす♪ 
DSCF6319

DSCF6329シンプルな白い高台丼で登場。 

具は、きざみねぎ青ネギ、ゆでモヤシ、チャーシューx2枚。チャーシューは脂身のない赤身ロース。 
DSCF6326

DSCF6337スープは、さらさらの清湯醤油味。 

表面に牛脂でしょうか?多めの香味油が浮かんで、意外とオイリー。 

香味油も出汁も、牛独特の風味と甘さ、そして旨味がたっぷり詰まっています。 

タレがまた、牛スープに合わせたやや甘めの調味。 

にんにくも少し効いてますかね?
 

かなり牛ギュウしていて、例えば香味徳のなんとなく牛風味とは異なるオシの強い牛骨感。 好き嫌いは分かれそうですが、ワタシは好み。 ハマれば癖になる味わいで、美味しい!

DSCF6335麺は、ストレート中細タイプ。 

加水低めでザクッとした食感。 

啜り易く、一啜りごとに牛の風味が広がります。 

旨いっす! 

美味しく完食!「牛骨下松ラーメン」は初体験でしたが、清湯ながらパワフルでインパクトのある一杯でした。都内でご当地ラーメンいただくといつも思いますが、やっぱり本場で食べてみたくなっちゃいました(^^ゞ ごちそうさま! 

麺屋 ぶち (15/’15)