2014年12月19日、「麺彩房 中野本店」へ。DSCF4117

毎年恒例、日本ラーメン協会主催の競作イベント「年の瀬ラーメン」に、麺彩房が今年もエントリー。麺彩房五反田店は、ローストビーフをトッピングした「牛煮干しそば」、中野本店は、珍しいのどぐろの煮干しを使った「特上煮干しそば」を販売中。大大好きな「のどぐろ」と聞いて、思わずぐらっと来ちゃいました^^; 珍しく限定狙いで訪問w

DSCF4087店頭・店内の限定メニューポスター「特上煮干そば」780円。 

「高級煮干し(島根県さん、のどぐろ)を使用!大山鶏の芳醇な旨味と煮干しの香、麺との相性抜群!三位一体でどうぞ!!」 

日本ラーメン協会の「年の瀬ラーメン」エントリー作品だそうです。 

他の「年の瀬ラーメン」提供店は、気むずかし家・魚雷・麺家うえだなど。 

ってか、「年の瀬ラーメン」のHPには、麺彩房はまだ載ってないみたいですが^^; 


入店すると、まず券売機で食券購入です。 
DSCF4089

DSCF4114限定「特上煮干そば」のボタンは、下から2列目の右端。

限定メニューで700円台は、割安に感じちゃいます^^; 

麺彩房の券売機は、最上段のボタンで、まず麺量(普通・中盛(つけそばのみ)・大盛))を選んでから、メニューを選ぶ方式。 

限定でも大盛無料とは、さすが製麺所直営w 

今回は、並盛で。 

麺彩房中野本店、もう一つの(夜)限定は、「鶏豚塩つけ麺」780円。 

DSCF409218:20頃入店で、先客9、後客4。 

スタッフは全員男性で、厨房2、ホール1。 

BGMはJ-Pop、EXILEとか。 

箸は、洗い箸と割り箸のW装備。 

卓上調味料は、酢、GABANブラックペッパー、Hachi一味とうがらし。 

そして待つことしばし、「特上煮干そば」完成でーす♪ 
DSCF4096

DSCF4104シンプルな高台丼で登場。 

公式FBによると、「島根県産のどぐろ煮干し、釧路産の根昆布、大仙鶏の首ガラなど素材に極上素材を使いました」とか。

のどぐろ、煮干しにするには勿体無い気も(^o^;) 

具は、青首ネギ、とろろ昆布、かまぼこ、ゆず皮、チャーシュー。 
DSCF4102

DSCF4113スープは、さらさらの清湯タイプ。 

塩味と醤油味の中間のような、白醤油たれのような感じ。 

鶏がベースを支えて、魚介が華やかな風味を奏でる構成。 

のどぐろの煮干しですが、通常のいりこ・いわし・あじの風味・味とはまるで別物。 

出汁の摂り方にもよるでしょうが、ちょっと鮮魚っぽい特徴的な風味は、まさにオンリーワン! 

余韻が残る味わい深いテイストで、とても美味しい! 



DSCF4107麺は中細ストレート。 

もちろん大成食品製。 

ツルツルすべすべの麺肌で、啜り心地の良さは特筆モノ。 

淡麗なスープと合っていて、美味しい!

スープと麺が主役の一杯ですが、具ではとろろ昆布が、風味高く、その割にはスープに香りが移らず、面白いし美味しい! 

ただ、香りが強すぎて、とろろ昆布食べた時だけ、スープの味が完全にマスキングされちゃいます^^; 



美味しく完食!五反田店の「牛煮干しそば」も気になります。ごちそうさま! 

麺彩房 中野本店 (419/’14)