2014年11月23日、上板橋の新店「麺処 ぼくの麺」へ。DSCF1943
2014年10月31日オープンの家系ラーメン店。源丸@霞ヶ関→一凛@成増の後、東上線に搭乗して、こちらへ登場w

DSCF1938店の場所は、上板橋駅北口徒歩3分。 

イトーヨーカドーの裏というか隣。 

ラーメン一九の跡地。 

店内は、厨房を囲むL字型カウンター6席、4人卓x1。 

13:00頃入店で、老夫婦と家族連れなどで先客8。 

1席空いてるカウンターに滑りこんで、丁度ワタシで満席。 

予想外の人気にビックリ! 

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。 

テキパキとしたムダのない動きは、見ていて気持ちが良いです。 

券売機は無く後会計制。 

麺メニューは、濃厚とんこつ醤油ラーメン650円、鶏ガラあっさり醤油らーめん650円の2本立て。オーダーは、一推しという「濃厚とんこつ醤油ラーメン」で。 
DSCF1933
メニューによると、太麺・細麺の選択と、味の濃さ、油の量を指定可能。ですが、特に聞かれず申告制。テーブル席もある店を一人で回しているので、仕方なし。 

また、メニューの「ぼくの麺店主から皆様へ!」によると、「家系ラーメンで厳しい修行を積み店長まで登りつめ念願の上板橋にて(ぼくの麺)を開業する事が出来ました。一生懸命頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。」とか。おお!資本系だらけの家系では珍しい個人店の新店ですか! 

DSCF1913BGMは、J-Pop。 

箸は割り箸。 

卓上調味料は、胡麻、豆板醤、おろしニンニク、GABANブラックペッパー。 

そして待つことしばし、「濃厚とんこつ醤油ラーメン」完成でーす♪ 
DSCF1917

DSCF1925趣きのある和食器といった風情の白い多様丼で登場。 

カスタマイズは、特に指定していません。 

具は、海苔3枚、チャーシュー、ほうれん草、きざみネギ。典型的な家系のルックス。 
DSCF1922

DSCF1930スープは、とろみのある豚骨醤油味。 

乳化が進んでとってもクリーミー。 

豚骨スープの出方は極めて濃く、まさにヘヴィ級。 

デフォで、鶏油の効きは弱め。 

タレはやや強めで、トータルでインパクトのある味わいを形成。 

「ぼくの麺」という一見軟弱(失礼)な店名からは想像できないほど、濃厚で骨太なスープで、これは美味しい! 




DSCF1926麺は、平打ち中太でわずかに縮れのあるタイプ。 

デフォでかなり柔めのゆで加減。 

スープは、直径の流れを汲む家系の名店に近いですが、麺はだいぶ印象が違います。 

ただ、濃厚スープが絡み過ぎず、食べ易い仕様。 

柔めのゆで加減も、麺の美味しさがバッチリ出ていて美味しい! 

美味しく完食!店名で誤解されやすそうですが、韓の気概を感じる力強い一杯でした。是非頑張って下さい!ごちそうさま! 

麺処 ぼくの麺 (386/’14)