2014年10月29日、高田馬場の新店「豚醤麺 ラーメン いち花」へ。DSCF0239
2014年10月26日オープ。場所は、玄光の跡地。玄さんとこ、また瞬く間に閉店しちゃったんですね。なんだかなぁ(´・ω・`)
取りあえず、新店チェックw こちら情報がまったく無く危なげですが、馬場は行き易いのでつい行っちゃいます(^^ゞ



入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、豚醤麺700円、豚魚醤つけ麺800円、豚醤辛麺800円、豚魚醤辛つけ麺800円、他。 
DSCF0210
オーダーは、券売機先頭左端の「豚醤麺」にしました。 

DSCF0246店内は、厨房を囲むL字型カウンター10、2人卓x3。 

券売機も店内も玄光の時と一緒で、居抜きそのまんま。 

18:10頃入店で、先客3、後客無し。 

厨房には男性スタッフ3、ホール担当の女性はカタコトの日本語。 

食券を渡すと、ライスか大盛り無料でどちらにするか聞かれます。 

どちらも辞退しときました。 

カウンター端にチラシがあって、「トッピング無料!!(葱・もやし・キャベツ他)」とか。 

トッピング無料は店内のどこにも貼ってないし、言われもしないので、チラシに気づかないと知らないままかと。 

ってか、「キャベツ他」の「他」って何!? 

もっというと、チラシのコピー「東京ブラック」ってwww 


DSCF0212BGMはJ-Pop。 

箸は洗い箸でエコ対応。 

卓上調味料は、醤油、酢、ラー油。 

手が届かない所に、ニンニクらしきものあり。 



そして待つことしばし、「豚醤麺」完成でーす♪ 
DSCF0219

DSCF0220オヨヨ、頼んでないライスが来ちゃいました。 

困ったような顔をしてたせいか、厨房から「どうしましたか?」と心配されて、ライスも大盛りも注文してませんと言ったら、「どうぞ残して下さい」とか。 

まあ、いいっしょ^^; 

具は、キャベツ、モヤシ、きくらげ、きざみネギ、メンマ、豚バラ肉。 
DSCF0224

DSCF0233スープは、細かい背脂が浮いた真っ黒でさらさらの醤油味。 

甘じょっぱくて、すき焼きのタレ風な味付け。 

DSCF0230麺は細麺で、わずかに縮れのあるタイプ。 

見た目、細さ、柔らかでプルプルなところ、食感、どこをとってもしらたき風な味わい。 

もちろん中華麺ですが(^_^;) 

DSCF0235すき焼きのタレ風なスープに、しらたきチックな麺で、まさに、しらたきいっぱいなすき焼きを食べてる感覚。 

ですが、肉が牛ではなく豚なところが、違和感もあり残念^^; 

DSCF0225サービスライスには、辛くない高菜がトッピング。 

同じ通り沿いの駅寄りにオープンした肉肉ラーメンといい、肉いっぱいのラーメンが食べたいときにはイイかもです。ごちそうさま! 

豚醤麺 ラーメン いち花 (353/’14)