2013年6月25日、本日再開オープンの新店「東京神田 角中(かどなか)中華そば店」へ。
RIMG3659.JPG
2013年6月11日オープン。ですが、オープン初日からスープ不出来のため休業。オープン2日目・3日目は営業した模様ですが、数日後に「納得のいくスープの品質が保てないため」という理由で長期休業へ突入。この日、めでたくリ・オープンとなりました!w

RIMG3656.JPG
店の場所は、神保町駅A3出口のすぐ近く。

徳福仁の跡地。

オープン時には、魚雷・666・ゆいが・寸八から開店祝花が届いていたそうな。

この情報で、もはや紛れもない長野関連店!

さらに大崎さんのツイートによると、店主さんは666@駒沢大学の場所に以前あった店の出身で安曇野の「きまぐれ八兵衛」の店主さんだそうです。へぇ〜!

入店すると、まず券売域で食券購入です。
RIMG3614.JPG

主なメニューは、中華そば700円、他。 オープン当初つけ麺があったようですが、一旦メニュー落ち。 中華そば一本に絞っての提供! 券売機のボタンにはたくさんの空きがあるので、つけ麺もそのうち復活するのかな? オーダーは、基本の「中華そば」にしました。

RIMG3611.JPG 食券を渡すと、麺のゆで加減(かた麺・ふつう麺・やわ麺)を聞かれます。

かた麺でお願いしました。

再開記念ということで、この日限定で替玉一玉無料サービスを実施。

注文時、そのアナウンスもありました。

店内は、厨房が最奥で、奥に長い壁に向かったカウンター8席。13:10頃入店で、先客6、後客2。スタッフは全員男性。厨房で調理担当が多分店主さん。他にバイト君らしき3名。提供順と注文品をダブルで間違えたり、動きがあまり良くなく、オペレーションは混乱気味。まあ、リオープン初日なので、致し方なし。

RIMG3621.JPG
BGMは、J-Pop。箸は洗い箸と割り箸のW装備。

卓上調味料は、GABANのブラックペッパー、クラッシャー用の粒生ニンニク、自家製らしい辛味調味料。

そして待つことしばし、「中華そば」完成でーす♪
RIMG3626.JPG

RIMG3629.JPG
レンゲと共に赤い受皿に載って登場。

具は、きざみ青ネギ、メンマ、ナルト、海苔、チャーシュー。
RIMG3632.JPG

RIMG3644.JPG屋号と八卦模様で縁取られた丼、具を見ると昔懐かしい東京醤油ラーメンの風情。

ところがどっこい、スープはドロドロの濃厚な豚骨醤油味。

魚介もかすかに感じられます。

豚骨の旨味がズシンと来るヘヴィ級の味わい。

極濃厚なスープですが、豚骨の癖や臭みは皆無。

後口も意外なほどスッキリとしていて、重さやもたれ感無し。 オープン直後のを食べてないので分かりませんが、相当改良を重ねた模様。 確かに完成度とクオリティ高く、かなり美味しい!

RIMG3641.JPG麺は、博多ラーメンにちょい近い細ストレート。

固め指定ですが、普通に近いゆで加減。

バリカタ指定が出来ると、いいかも!

麺の硬度はともかく、濃厚ドロ系スープとストレート細麺の相性は抜群。

旨いっす!

RIMG3650.JPG
途中で、自家製らしい辛味調味料を投入。

スープがピリ辛にアレンジされて、味が締まります。

こってりスープに辛味は鉄板の相性で、旨さ保証付です!

RIMG3655.JPG
替玉サービスも忘れて、一気に完食汁完。

丼の底には、骨粉と思わしき粉がたくさん残りました!

大砲ラーメンみたい!

丼の底には、「かどちゅう」の文字もw

RIMG3730.JPG
食べ終えて店を出ようとすると、次回使えるという「替玉券」を貰いました。

期限も無さそうだし、また来ようかな!

ごちそうさま!

東京神田 角中中華そば店 (229/'13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック