2013年6月14日、高田馬場の新店「麺臣 とらとはと」へ。
RIMG2659.JPG
2013年6月15日グランドオープン。イチローさんのつぶやきで発見w

6月13日・14日プレオープン。プレオープンの2日間、味玉サービス。グランドオープンの日は、ラーメン・つけ麺1杯500円とワンコインで提供。というわけで、プレオープン2日目に突入!w

RIMG2665.JPG
店の場所は、純連 東京店の並びで、もっと馬場の駅寄り。

ショップマークは、虎に寄り添って飛ぶ鳩w

プレオープンの2日間は、17:00からの営業。
RIMG2662.JPG
プレオープンを知らせるホワイトボードには、『野菜豚骨ラーメン専門店』の書かれてます。

グランドオープンは6月15日11:00〜
RIMG2674.JPG
野菜豚骨らーめん&つけ麺 各500円。

RIMG2695.JPG奥に店内は、カウンター下の間接照明がピンク色^^;

といってもショッキングピンクやエロい感じではもちろん無くw 紫がかった近未来的で幻想的な感じ。

で、厨房を囲むL字型のカウンター11席。

18:50頃入店で、先客1、後客4。

厨房には店主さんと、バイトさんらしきスタッフの女性1名。

券売機は無く、後会計制。 主なメニューは、らーめん750円、つけ麺800円。そこに、大盛りとトッピングバリエーション。
RIMG2680.JPG
メニューを絞った潔い構成!刻み玉ねぎ無料は、記事執筆時初めて気づいたっす(>_<) オーダーは、メニュー右端の「らーめん」にしました。

メニュー裏には、薀蓄。
RIMG2686.JPG
『当店の味の原点であるとんこつスープは厳選された新鮮なげんこつをメインに、豚の背骨と鶏ガラを長時間煮込んでいます。さらに店主の母国中国の医食同源の考えに基づき、株や南瓜をはじめ、蓮根・椎茸・人参など数種類もn野菜を加えています。こうすることでコクがありつつも、野菜の自然なまろやかな甘味を感じることの出来るスープを作り上げました。滋養効果にも抜群です』

RIMG2685.JPG後で聞こうと思った店名「とらとはと」の由来、後客が聞いてくれましたw

それによると、店主の故郷中国の地方の地名「虎鳩」から採ったそうです。

そのまま「虎鳩」だと固くて強い感じになるので、ひらがなにして間に「と」を入れて、「とら と はと」と柔らかいイメージにしたそうです。

なるほど〜!!!

RIMG2692.JPG
卓上のピッチャーには冷茶、セルフで給水。

RIMG2691.JPG
BGMは、J-Pop。

卓上調味料は、醤油、酢、ラー油、胡椒、一味唐辛子。

そして待つことしばし、「らーめん」完成でーす♪
RIMG2698.JPG


RIMG2704.JPG
重厚感のある高級和食器といった趣の丼で登場。

具は海苔、青菜、きざみネギ、チャーシュー、プレオープンサービスの味たま。
RIMG2707.JPG

RIMG2719.JPGスープはさらさらのとんこつ醤油味。

かなり熱々での提供。

野菜を加えて煮込んだそうですが、いわゆるベジポタと言ったドロ系ではなく、あくまでもさらっとした清湯タイプ。

表面の香味油が多めですが、オイリーな感じはありません。

豚骨の旨味やコクはしっかりと感じられますが、野菜由来なのか不思議と後口スッキリ。 ライトな感じなのに、なぜか後引いて止まらない味わい、これは美味しい!

RIMG2715.JPG
麺は、ほぼストレート中細タイプ。

細麺なのでややスープがあまり載らない気もしますが、麺とスープを交互にいただけば無問題。

ツルシコ感はなかなか良くって、美味しいです。

RIMG2725.JPGチャーシューは、もち豚? モチモチした食感で、ラーメンのチャーシューではあまり無いタイプ。

美味しかったです!

味玉は、黄身が流れ出さない絶妙なゆで加減の半熟。

タレの味が染みてて、まじ旨でした!

RIMG2793.JPG美味しく完食!

店主さん、かなり人懐っこく、話しかけると嬉しそうにニコニコと応えてくれます。

可愛らしい女性スタッフも愛想のあるいい接客ですね。

食後レジにて会計時、次回使える、らーめんorつけ麺半額券を貰いました!

これでつけ麺も食べに来ようかな!w

ごちそうさま!

麺臣 とらとはと (213/'13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック